◆ 雨水タンクは、どう選べば良いのか?

 雨の日に、水をためておいて、それをガーデニングや、洗車、初期消火用水などに使える、家庭用の「雨水タンク」というものがあります。
これは、雨水をリサイクルし、雨資源を有効活用して、環境対策を行いながら、水道代も節約できるというすぐれものです。

 しかし、いざ購入しようとなると、大きさ、価格、各部の規格などを見ても、何を主に考えて選んでよいものか、なかなか迷うものです。

 なぜなら、雨水タンクは、ある程度の場所を取り、値段も、安いものでも10,000円くらいはかかり、初めて取り付ける人にとっては、結構不安を覚える「雨どいを切る」作業が必要だからです。(※雨どいを切るのは、やってしまえばカンタンです。また、雨どいに取り付けないタイプの商品も、僅かですがあります)
商品の選択で失敗したら、多分後悔が大きいだろうと思ってしまいますよね。

 ここでは、雨水タンク本来の目的、メリット、デメリットを明らかにし、商品の性能比較を行います。雨水タンク購入の検討に役立てていただければと思います。

※ このページで紹介するのは、家庭用の、特に水の浄化システムの付いていないもののみとなります。よって、飲用にできる水が取れるものは扱いません。また、トイレの排水に使えるものも、巨大タンクとなりますので、こちらでは紹介いたしません。

雨水タンクの目的・メリット・デメリット
雨どいは、切らなくてはいけないのか?
商品選択のポイント
製品比較表

スポンサーリンク

雨水タンクの目的・メリット・デメリット

●雨水タンクの目的
 家庭用の雨水タンクは、シンプルに雨水をためて、それを、タンクについている蛇口から出すだけのものですので、飲料水にはなりませんし、お風呂にも使えません。
 もっとも一般的な使い道は、ガーデニング・家庭菜園の水やり、池の水、打ち水、洗車、防火用水、などです。

●雨水タンクのメリット
  • 環境対策になる(水不足対策、雨水の流出抑制対策、水の健全な循環につながる)
  • 公的助成金制度がある→詳細
  • 水道代の節約になる
  • 雨水は、塩素を含まないので、植物や池の生物にやさしい

●雨水タンクのデメリット
  • 場所をとる

 もしも、親しい方で、雨水タンクを使用している方がいる場合は、可能であれば、実物を見せてもらうと良いと思います。
 雨水タンクは、実物が家に来ると、「思いのほか大きい」と感じる人が多いので、どのくらいの迫力があるものか、一度見ておくと大いに参考になります。

雨どいは、切らなくてはいけないのか?

 ほとんどの雨水タンクは、雨水を、雨どいから取ります。(少数ですが、屋根の無いところに置いたタンクに、直接雨水を貯めるものもあります)ですので、何らかの方法で、雨どいから分岐する管を作らねばなりません。通常、雨水タンクの説明書には、「手持ちのパイプノコで切ってください」(最近は、パイプノコは100円ショップにもあります)と書いてあり、ワンタッチで分岐できるような便利工具は、今のところ見られません。
 これは、初めて設置しようとするときには、正直、非常におっくうです。どうしても、「失敗しそう」という不安が先に立つものです。

 しかし、やってみると意外に簡単なので、恐れるほどではありません。
 第一、失敗者が続出するような作業なら、商品のほとんどが「購入者自己工事」で出回っているわけはないのです。
 心配なら、日曜大工程度の作業に慣れている知人の方などに相談してみると良いと思います。マメな人なら、設置を手伝いに来てくれるかもしれませんし、大抵の方が「雨どい切るくらい、誰でもできるよ」と言ってくれると思います。
 それでも、本当に心配なら、プロに頼みましょう。ただし、お金はかかります。なじみの工務店とか、水道工事屋さんがあれば、安くできないか交渉してみましょう。

 家庭用の雨水タンクは、基本的に「設置が簡単」と考えて大丈夫なものです。
 雨どいカットの他には、壁に穴を開けるとか、ボルトで留めつけるなどの工事は、必要無いものがほとんどです。
 雨どいカットも、「ノコギリ一本で簡単にできる!」と、メリットとして売っている販売店もあるのです。実際に切ってみると、「何をおっくうがっていたんだろう」と思いますよ。

商品選択のポイント

 実際に商品を選択する際に、考えるべきポイントを、↓にまとめました。

●自宅の雨どいの規格とあっているか→詳細
●容量は、どのくらいがいいのか→詳細
●どのような形状がいいのか→詳細

◆製品を比較する

 各メーカーの商品を比較してみました→詳細(雨水タンク 性能比較表)

Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.