◆遠方にフラワーギフトを届けるには

遠方にフラワーギフトを届けるには

 遠くに住んでいる知人や家族に、お花のギフトを届けたい場合、あなたならどうしますか?  花屋さんの配達車では届けられない距離になると、方法は↓のように、大きく二つに分けられます。

1 贈る側の身近の花屋さんに注文し、宅配などで遠方に送ってもらう
2 受け取る側の近くの花屋さんに、送る側から注文を出す

 この二つの方法の、メリット・デメリットを考えてみましょう。

スポンサーリンク

(1)贈る側の身近の花屋さんに注文し、宅配などで遠方に送ってもらう

 この方法のメリットは、自分の花贈りのセンスを最大限に生かせることです。
 気に入りの花屋さんがあって、あなたのセンスをよく分かってくれている親しいスタッフさんもいるような花好きさんは、この方法で贈ることを断然おすすめします。もし、そこまで気に入りの花屋があるわけじゃない、という場合でも、実際に花屋さんの店頭で注文すれば、送る商品を目の前で作ってもらえますし、鉢花を贈る場合でも、何鉢もある中から「これを送って」と、固体を指定できますので、送り主の意図に忠実なギフトを贈ることができます。自分自身が選んだお花を、受け取った方が、「素敵な花をありがとう!」と連絡くださる嬉しさは、格別のものがあります。

 デメリットとしては、花代のほかに、箱代と送料が別途発生すること、その日のうちのお届けはまず無理なこと、箱詰め輸送のダメージを避けるため、使用できる花が制限されること、などです。
 使用できる花材の制限とは、例えば、水揚げの悪いものは使えない、とか、暑さに弱いものは夏場に送れないとか、寒さに弱いものは、真冬の北海道には送れない、などの理由で発生します。こう書くと不便なようですが、普通の花屋さんは、送りに適した花をうまく選んでくれますので、それほど心配はいらないと思います。

(2)受け取る側の近くの花屋さんに、送る側から注文を出す

 この方式で、最も有名なのが花キューピットです。(参考:花キューピットのしくみはこうなっている)贈り主の依頼が、送り先の近くの花屋さんに飛んで行き、贈り主から離れたところで、商品が製作されます。
 また、最近は、ネットにショップを持つ花屋さんが増え、贈り主が遠方の花屋さんのネットショップに注文を入れることも容易になりました。ネットショップができる以前は、例えば東京に住む人が、福岡の花屋を探して配達注文を出そうとしても、どんな店がどこにあるのかも分からないし、分かったとしても「振込みのご清算は行っていません」などと言われるのがオチだったのです。世の中、ずいぶん便利になったものです。
 この方法のメリットは、その日のうちの届けも可能な場合があること、箱代と送料がかからない(手数料はかかることもある)こと、送りに時間を費やしない新鮮な花を贈れること、などです。

 デメリットは、どんな商品が届くか分からないこと。これは、唯一にして、最大のデメリットです。
 八百屋さんや、魚屋さんだって、「あの角の店はすごくいい」とか、「○丁目の店は行かない方がいいわよ」とか、お店の良し悪しがありますよね。花屋さんも同じです。
 付き合ったこともない遠方の花屋さんが、どんな品物を納品するのか、実際に出向かずに確かめる術はほとんどありません。良心的な仕事をしてくれるはずと、信じるしか無いのです。
 ネットショップならば、まだ自分でサイトのセンスを見て「この店が素敵だ」と思ったショップをセレクトできますが、花キューピットでは、お客様は「自分がどのお店から注文を出したか」を知っているだけで、先方に納品する花屋さんの店名すら知らされません。花キューピッドを導入していない花屋さんは、大体このことがポリシーに反する、と言う場合が多いのです。これを不安に思う方は、(1)の方法を取られる方が、絶対に良いと思います。

 しかし、花雑誌に店舗紹介が載っていて、行ったことないけど絶対にここに頼みたい!という場合や、ギフトを受け取る側の方の贔屓店であると知っている場合は、ミズテンで注文する価値も十分有ると思います。

 状況により、(1)(2)を使い分けられることをお勧めします。
 でも、私個人は、(1)しか使いません。好みの問題ですが。


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.