◆身に付けるウエディングフラワー(花嫁ブーケ以外で)

身に付けるウエディングフラワー

※このページにダイレクトにお入りの方は、一応このような前書きというか、前置きをお読みください。

※花嫁以外の方の「身に付ける花」についても解説しています。

スポンサーリンク

◇花嫁が、身に付ける花

 花嫁は、ブーケ以外にも、身に付けようと思えば身につけられる花がたくさんあります。
 たとえば、以下のようなものがあります。(すべてを身に付ける必要はありませんし、一つも身につけない人もいます)

●ヘアオーナメント(髪飾り)
 ヘッドドレスとも言います。値段的には、5000〜1万5000円くらいが多いように思います。抑えようと思えば、3000円くらいからでもできないことはないのですが、花でヘアオーナメントを作ろうという人は、こだわりがある人が多いのか、1万円くらい出す人は珍しくありません。花屋さん的には、1万5000円を超えてくると、「この人、ずいぶんつぎ込むんだなあ」という気がします。
(一般的な髪飾りの発注については、こちらに単独の記事があります→生花髪飾りの発注の仕方

●チョーカー
 花の首飾りのことです。ワイヤーを使用して作りこむものになりますので、ヘッドドレスよりもお値段がぐっと高くなり、1万円くらいは見ておいたほうがいいでしょう。2000〜3000円でもできないことは無いですが、小さなものになると考えてください。
 チョーカーは、ボリュームを出そうと思うと、1万5000円くらいは簡単にかかってしまいます。値段でびっくりしないようにしてください。

●リストレット、コサージ
 リストレットは、リストコサージとも言いまして、手首のところに付ける花飾りのことです。
 手首に付けるリストレットと、胸元に付けるコサージは、付け方が違うだけで、構造はおよそ同じものです。
 値段の相場としては、1万円くらいかと思います。これも、頑張れば2000〜3000円でもできますが、かなり抑えた印象になると思われます。コサージ類も、ワイヤリングとテーピングを駆使して作りますので、大きさを出すほど手間がかかり、値段を抑えることが難しくなります。

◇フラワーアクセサリーに、生花・プリザ・造花が混在しても大丈夫?

 たとえば、生花のブーケを持って、髪飾りがプリザ、というように、花の素材を混在させてもおかしくはありません。パッと見て違和感が無ければかまわないと思います。男性などは、気付きもしないかもしれません。
 ただし、「生花も、プリザも、造花も」というように、三種類そろうとどうなんだろう?という気はします。(実際に、そのような花嫁は見たことが無いです)しかしそれも、それぞれが勝手な主張をしておらず、無理なく使っていれば問題ないと思います。

●アーティフィシャル(造花)のブライダル・アクセサリー例
ホワイトローズ&グリーンヘアリース&リストレット
アートフラワーのラナンキュラスで作ったリストレット!手元を可愛らしく華やかに。
手首におしゃれ♪ウェディングに!

●プリザーブドフラワーのブライダル・アクセサリー例
お好きな色でオーダーメイドも♪ブライダルのプロが創るヘアパーツ・髪飾り
ブライダル 【チョーカー】 コサージュ型

◇フラワーアクセサリーは、ブーケ代とは別

 フラワーアクセサリーの料金は、通常はブーケ代とは別に加算されます。ブーケに、ほかのものの値段が含まれるとしたら、ブートニアの代金だけだと考えてください(店によっては、ブートニアも別料金です)

◇ブートニアについて

 ブートニアは、ブーケと同素材のもので作る、新郎用の胸飾りです。
 場合によっては、父親用ブートニアを作ることがありますが、そのときは、花婿の花と違う種類にします。

 ブートニアを作るには、できれば衣装を着けた新郎の写真があるのがベストですが、ウエディングブーケと違って、「写真が無いと作れない」というものでもありません。なので、新郎の写真は、注文時に必須のものではありません。(あるなら欲しいです)
 写真が無い場合は、服の形と色を申告してください。申告は、詳しければ詳しいほうがいいですが、たとえば「グレイのロングタキシード」程度でも大丈夫です。

 ブートニアの代金は、基本的にはブーケに含まれていますが、店によっては含まれない場合があるので確認しましょう。私は、「ブーケにブートニア付き」の値段でしか仕事をしたことが無いのですが、別料金の場合には、ブートニア単体なら3000円くらでできると思います。

◇番外編:花束類について

 「身に付ける花」からはちょっとはみ出しますが、ウエディングブーケ以外に必要な花束についても、ここで解説しようと思います。

●両親贈呈花束
 金額の相場は1万〜1万5000円くらいです。見栄え良くしたいなら、「大きめに作って」とか、「豪華めなラッピングで」と注文しましょう。特に、お母さんの好きな花などを選びたいところですが、珍しい花や、いつでも入手できるとは言えない花だと、花屋が特別注文を打つので、値段が上がります。
「季節の花で、色とか雰囲気はこんな感じでおまかせ、できるだけ大きめに作って」のようなオーダーで、花屋に自由裁量の領域を持たせてくれると、安く良い花が入ります。

●子どもさん(フラワーガールとか、イベントに協力してくれる子どもさん)用花束
 子どもさんが持つのに負担が少ないよう、小さめのブーケがいいです。金額的には、3000円程度で十分かと思います。


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.