*

プリザーブドフラワーの基本知識:よくあるトラブルと対処法


プリザーブドフラワーには、以下のようなトラブルが想定される。

●花弁が透けてくる
湿気が原因で、花弁が透けてくることがある。単純に、乾燥させれば元の色に戻るが、あせってドライヤーを当てたりするなど、急激に乾燥させると花弁がひび割れることもあるので注意が必要。置き場所を変えたり、乾燥剤を使うなどして、極端な環境変化をさせずに元に戻す方が安全である。

●花弁がひび割れる
乾燥しすぎると、花弁がひび割れることがある。割れた部分を元に戻すことはできないので、割れないように予防することが大切。家庭内では、エアコンの風の直撃などは避けるようにする。
ひび割れしてしまったものの対処法としては、「割れてしまった部分をはさみでカットする」という方法がある。しかし、あまり大きくひび割れてしまうと、この方法も使えず、また、かえって切ったら変な形になってしまったという失敗もあり得るので、予防するに越したことはない。

●色あせ
直射日光に当てると、プリザーブドフラワーは、かなり速やかに色あせてしまうので、室内の陽射しの当たらないところに置くことが望ましい。また、埃がたまると劣化し、それによって色あせることもある。埃はこまめに取るように心がけたい。(PC用の埃取りが、なかなか使い易い)。
もしも、「絶対的に埃で劣化させたくない」という場合には、ケースに入れて保管するのがよい。

●色移り
プリザーブドフラワーは、触れているものに染料が移ることがある。特に、濃い色の花から、隣にある薄い色の花に移る現象が起こりやすい。高温多湿時に起こることが多いので、未然に防ぐには、適正な温度・湿度の場所に置くようにするのがよい。(高温多湿時でなくとも、色移りは発生することがある)

●ほこりが付く
色あせやひび割れなどよりも、プリザーブドフラワーを「ゴミ化させる」のは、実はほこりがたまるのを放っておくことである。ほこりが付いてしまったら、ドライヤーの弱冷風などでそっと吹き飛ばすか、柔らかい筆などで優しく払い落とすと良い。(最近、管理人は、OA機器用の、静電気で埃を吸着するタイプのクリーナーを愛用している)。
※上にも書いたが、「絶対にほこりから守りたい」と考えるなら、ケースに入れての保存をおすすめする。

●花材が、修復不可能なほど傷んでもできるだけ取っておこう
花材が、接着剤やワイヤーの力を借りても、どうしても修復できないほど傷んでしまった場合、花材の一部に、「傷が無く色の変化も無い箇所」が残っていたなら、その部分だけでも保存しておくと、後で役に立つこともある。
たとえ一部分であっても、別の花材の修復に使ったり、芯になるものに貼り付けて立体を作ったり、器に貼ったりと、意外に多様な使い道がある。花弁をばらして何かを作るようなときに、新品の花を崩してしまうのが勿体無いと感じることがあるが、そういうときに、保存しておいた「半端花材」を使うのである。一部分だけを保存できるのは、生花では決してできないことなので、プリザならではの特質を生かして素材を使いこなそう。


公開日:
最終更新日:2012/03/22

エンゼルヘア

ポリエステルでできた、細い糸状の資材。花資材、造形資材として購

no image
カラーフォーム(からーふぉーむ)

花材を挿して固定させるフォームで、美しい色をつけて、その色自体

no image
マジカルウォーター(まじかるうぉーたー)

人工水とも呼ばれる。 無色透明のシリコン樹脂で、液体の状態で

空き箱(あきばこ)

ボックスアレンジメントや、作成した小型アレンジをギフトにする際

no image
水引(みずひき)

祝儀・不祝儀に使用される飾り紐。もっとも身近な「水引」は、祝儀

→もっと見る

PAGE TOP ↑