*

プリザーブドフラワー(ぷりざーぶどふらわー)

公開日: : 最終更新日:2015/06/09 スタイル


プリザーブドフラワーとは、「加工花」の一種である。「プリフラ」と略称されることもある。

生花の色を抜き、染料を吸わせたもので、植物としての生命は無いが、一般的なドライフラワーと比べると、圧倒的にソフトで瑞々しく、フレッシュに近く見える。そのため、知らない人は、「水をやる必要がある」と思い込んで、本当にやってしまうこともあり、商品によっては、「水をやらないで」と注意書きをつけているケースもある。

染料で人工的に色を付けるので、生花には存在しない色の花を作ることも可能。金粉やダイヤモンド粉を振りかけたり、スワロフスキーを貼り付けて、デコレーションした花材もある。
保存方法さえ間違わなければ、色もきれいなままで、何年も美しいままの姿を楽しむことができる。美しく保てる期間は、保存する環境によってかなり異なる。短ければ2~3年(直射日光に当てたりすれば、もっと短い)で劣化するが、大事に保存すれば10年を超えても美しいまま楽しめる。

プリザーブドフラワーは、1991年に、ベルモント社によって開発され、市場に現れた。当初の開発の目的は、切花を長持ちさせる方法だったとのことだが、開発の試行錯誤の中から、プリザーブドフラワーの技術が誕生したのである。
発売されたばかりの頃は、一部の花好き(主に、フラワーアレンジメント界の人たち)にしか知られなかったが、現在では、一般的な認知と人気を着々と取り付け、ギフト商品の一角として、定番の地位まで勝ち取った。
(登場したばかりの頃には、「キワモノだ。すぐに廃れる」という人が少なくなかったのが夢のようである)

プリザーブドフラワーは、贈る楽しみ・飾る楽しみ・作る楽しみ・思い出作りの楽しみ・自己実現の楽しみ など、多様な楽しみ方で親しまれている。

プリザーブドフラワー用語辞典 関連記事

no image

リース(りーす)

リング状に花などを形作った装飾品。日本では、リースと言えば「クリスマス・リース」が一般的だが、輪にな

記事を読む

no image

壁掛け(かべかけ)

プリザーブドフラワーは、水も必要無く、花材そのものの重量も生花に比べると軽いため、生花よりも気軽に壁

記事を読む

no image

フレームアート(ふれーむあーと)

フレームの中に、プリザーブドフラワーで飾りを作り、額に入った絵画のように仕立てること。素材の厚みを受

記事を読む

エンゼルヘア

ポリエステルでできた、細い糸状の資材。花資材、造形資材として購

no image
カラーフォーム(からーふぉーむ)

花材を挿して固定させるフォームで、美しい色をつけて、その色自体

no image
マジカルウォーター(まじかるうぉーたー)

人工水とも呼ばれる。 無色透明のシリコン樹脂で、液体の状態で

空き箱(あきばこ)

ボックスアレンジメントや、作成した小型アレンジをギフトにする際

no image
水引(みずひき)

祝儀・不祝儀に使用される飾り紐。もっとも身近な「水引」は、祝儀

→もっと見る

PAGE TOP ↑