◆花屋さん式リボン(ループリボン)の作り方

リボン,花束

 花屋さんが、もっともよく利用するリボンの作り方を紹介します。タイトルには「花屋さん式リボン」と書きましたが、いわゆるループリボンと呼ばれるもののことです。手芸などでも同じ方法でリボンを作ることがありますので、それほど特殊な作り方というわけではありません。
 また、手先の器用さを要求するような作業でもありません。ごく単純な手作業ですので、これからアレンジや花束を勉強する方、手芸などに活用したい方、とりあえず面白そうなのでやってみたい方(このリボンをさささっと作っていると、素人目にはとてもプロっぽく見えます)は、どうぞ下記を参考になさってください。

スポンサーリンク

◇花屋さん式リボン(=ループリボン)を作る手順

※画像のリボンは、足が短め、ループも小さめです(大きくしたければ、長さを伸ばすだけで作り方は同じです)
※ループ3つの、もっともシンプルなリボンで解説します。(多ループの大きなリボンは、同じ手順でループを増やしていくだけです)

【1】まず、リボンを手に取ります
リボン,花束
  • まず、上画像のようにリボンを持ちます。で、写真撮った後に気付いたんですけど、裏表のあるリボンで撮った方が良かったかな‥‥。
  • 裏表があるリボンの場合は、親指に触れている方の面が表になります。
  • 親指のところから、まっすぐ下に下りている方の先が、リボンの端です。(つまり、親指から上に行っている方の先には、リボンのロールがある)親指と人差し指でつまむ場所によって、リボンの足の長さが決まります。(このリボンは、足は短めで作っていきます)

【2】リボンをねじります
花束,リボン
  • 【1】の画像で、親指・人差し指・中指でつまんでいる部分を、180度ねじる。

【3】中央のループを作る

  • 【2】の画像で、右に行っている側のリボンを、手前から向こうに回し、リボンの中央のループになる部分を作る。
  • 【2】でリボンを180度ねじっているから、裏表のあるリボンでも、ループが裏面にならない。
  • 親指・人差し指・中指は、【2】でリボンをねじった部分、つまり、出来上がるリボンのど真ん中になる部分をずっと固定し続ける。

【4】中央ループの後ろに回った部分をねじる

  • 中央ループの後ろに回った部分を、180度ねじる。(どっち方向にねじるかは、自分の手がやりやすい方でよい)

【5】右のループを作る(左から先に作っても良いです)

  • 【4】の画像で、右側に行っているリボンで輪を作り、先を後ろへ回し、親指・人差し指・中指で固定。(ループの数が増えると、その分だけ三本指でつまんでいる部分は厚くなっていきます)
  • 左のループから作った方がやりやすい人は、左から作ってください。

【6】正面から見ると‥‥

  • 正面から見ると、このようになります。リボンが半分以上できかかってます。
  • 画像で左に行っているリボンを輪にしていきます。

【7】中央ループの後ろに回った部分をねじる

  • 【4】と同様に、中央ループの後ろに回った部分を180度ねじる。

【8】左のループを作る

  • 【5】と同様に、左のループを作り、先を後ろへ回し、親指・人差し指・中指で固定。

【9】後ろに回したリボンをねじる

  • 【8】で後ろに回したリボンを、180度ねじる。(この時点で、4つの「ねじり」を三本指で固定している)

【10】正面から見ると‥‥

  • ちゃんとリボンの形になってます。が、まだ終わりではありません。

【11】真ん中をワイヤーで固定する

  • 三本指で固定していたところを、ワイヤーでくくって固定します。(花束につかう場合には、リボンでくくる場合もあります)

【12】ほぼ完成

  • ほぼ完成ですが、まだ右側の足がロールにつながっています。左足の長さにあわせて切りそろえます。

【13】できあがり!

  • はい、できあがり。足の長いリボンを作りたければ、【1】の時点で、左足の長さをもっと長くしておきます。
  • ループたっぷりの大型リボンを作るなら、さらに右・左・右・左とループを作っていきます。ループの数が多くなると、徐々にループを長く作らないと格好が付かなくなります。(びろーんと長すぎてもカッコ悪いですが、その辺は経験でわかってきます)


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.