◆水引の結び方にこだわることは無い!

水引を自由に使う

 いけばなの世界で、水引が最も多く使われるのは、やはりお正月花です。しかし、お正月以外の時期でも、いけばな作品に水引が使われることは珍しくはありません。
 つまり、いけばなの世界では、あまり水引を「儀式的な飾り紐」とは捉えず、「紅白の(金銀の場合もある)長い紐状素材」と捉えて、作品に持ち込んでいることが多いのです。

 要するに、花の世界では、「水引の使い方がヘタだ」とか、「美しくない」と言われることはあっても、「結び方が間違っている」「正式なものと違う」と言われる筋合いなどありません。

 ということは、どんな結び方・使い方をしたっていいのであり、何百通りもの使い方があっていいということなのですが、まあ何百もの例を挙げることは出来ませんので、管理人が、たまたまデジカメで記録していた「使い方の例」を、わずかながらお眼にかけようと思います。(世の中には、もっとステキな水引の使い方がたくさんありますので、これを見て真似することは無いです)

※アレンジメントやお正月リースのワンポイントに使う水引は、こちらの記事で紹介しています→不器用な管理人の、水引の結び方
※水引の買い方、種類などは、こちらの記事で紹介しています→花作品に使う水引について

スポンサーリンク

◇一重結びでも十分!

 物事は、簡単に済むに限ります。特に、管理人は手席が不器用な人間なので、「簡単に済む」ことばかり考え出します。
 水引を、「結ぼう」と思った場合、どんな不器用な人にもできるのは、一重結びです。日常の中で、誰でも自然にやっている結び方ですよね。

 ただの一重結びにした水引を、ちょっと動きが出るように掛けてみただけです。
↓ ↓ ↓

 掛け方は、そのときの気分とか、枝との兼ね合いとかで、「なんとな〜く」でいいと思います。
 これだけ景気良く動かすと、「水引あり」と「水引なし」では、だいぶ出来上がりの印象が変わります。

◇これも一重結びです

↓当サイトの、正月花の記事に貼っている画像ですが、
 これもただの一重結びです。簡単すぎて「作り方」でもないのですが、こちらのページ→実例:10分くらいで生けられる正月花B で紹介しています(ページの下の方です)。
 これ、私がとてもよく使う手です。

◇輪ゴムでまとめるだけで、派手に広げられる

 二色の水引を、ただ輪ゴムでまとめただけで、パッと広げて使うことができます。

 長さ、本数を変えると、かなり感じを変えて使えます。水引は、10cm程度の長さでも、手で癖付けして広げられるので、小さめのアレンジに入れ込むこともできます。
 いけばなにも、アレンジメントにも使え、見た目の派手さ、明るさが足りないと思ったときに、一つ作って入れるだけで作品の顔が変わります。

 たとえば、上の画像にちょっと水引を増やしてみると、こんな房になります。

 なかなか大きい房になったので、大型の花器にも使えるように、割り箸の足をつけました。

 そして、水引を扇みたいに大きく広げます。


 そうすると、たっぷりした壷に生けた花と一緒に使えるボリュームになります。

◇二色の水引で、丸く輪を作るだけ

 とにかく複雑なことはせず、それでいて「なんとなく正式におごそかっぽく見える」のが、きれいに丸く作った水引の輪っかです。

 これを、花を生ける時に、好きなところに入れます。
 花のど真ん中に入れてもいいし、


 ちょいと横っちょに入れてもいいです。

 お気に召すままに入れてください。

しめ縄材料・正月飾り・お正月準備紅白水引30号(約90cm) 100本
和紙/和雑貨/折形/細工水引パック染分 金×銀


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.