◆いけばなの花留めとして知られる「剣山」


 いけばなの花留めとして知られる剣山は、花留めの中では最も入手が容易なものです。以下に、どこで買えるか・いくらくらいで買えるか・簡単に使えるのか、などの情報をまとめてみました。

◎名称

 「剣山」。世界的にも「ケンザン」で通用します。

◎買える場所

  • 雑貨屋
  • ホームセンター
  • 大型のスーパー
  • いけばなの専門店
  • 100均
  • ネット
 本格的にいけばなを勉強するのでなければ、100均ものでも十分役立つと思います。
(管理人自身は、100均剣山を使ったことが無いので、花道具屋の剣山と比べて、質がどう違うのかが分かりません。軽いんじゃないのか?と推測しています)

◎値段

  • 100円から上
  • ディスカウント店なら、100円を切ることもある
 いけばなを習っているのでなければ、行動範囲の中で、一番安く売っているものを買えばよいのではないでしょうか。一般の方なら、1,000円以下で買える、小型の剣山を1個持っていれば十分でしょう。1,000円を超えるものは、「そういうのが欲しい」と思うようになった人が買えば良いと思います。

◎簡単に買えるのか?

 100均にもありますし、町の雑貨屋にもありますし、少し大きいスーパーにもあります。このページで紹介している花留の中では、一番買い易いです。

◎簡単に使えるのか?

 挿すだけなら誰にでも簡単に使えます。素人さんが困ることとしては、「花を挿すと剣山ごと倒れる」「手入れをどうしたら良いのか分からない」の二点くらいだと思いますが、その場合は、下記のように対処してください。
  • 「剣山ごと倒れる」→挿した花材の重みで倒れるので、花材をもっと短く切るor別の剣山を「押さえ」に使う(こちらの記事で画像入りで解説しています。剣山が二個必要になりますけど)
  • 手入れ→ざっと水洗いし、ゴミが挟まっていたら取る。でも、そんなに神経質にならず、結構アバウトでも大丈夫(私は、いけばな教室を主宰していますが、それでも「剣山の大掃除」は年に二回しかしません)

◎何回も使える?

 もちろん、何回でも使えます。正直、「捨て時」がよく分からないほどです。私の家には、30年以上使っている剣山がいくつもあります

◎管理人はどうしているの?

 主に、小学生から二十歳くらいになるまでに買ったお稽古用剣山を、今日まで使っています。買った場所は、雑貨屋・ホームセンター・いけばな展の出口に出るお店の三箇所が主です。
 日常的に使っているので、もはや便利だとかどうとかの意識を持っていません。
 これから買おうかどうしようかと思っている方は、安いものを1個買って、それをとりあえず持っておいたらいいのではないかと思います。いけばなの専門的な勉強をしないなら、家にある花器に入れやすいかどうかで大きさを決め、一番安いものを買い、「留めが欲しい」と思うときに使ってみましょう。もしも、そのときに、「使いにくい」と思ったとしても、取っておいてみましょう。別の機会に活躍してくれる可能性は大きいです。

 剣山は、意外にサイズがたくさんあります(100均やホームセンターには、そんなにサイズが揃ってないと思いますが)。管理人が持っている剣山は、こちらの記事→剣山各種 に画像を貼ってあります。

【関連記事】


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.