◆コサージュを胸に留めるためのピンです

 コサージュピン(コサージピン)とは、生花のコサージュを胸に留めつけるためのピンです。
 当サイトでは、コサージュについてはこのような記事があり→コサージュ発注完全マニュアル コサージュを自分で作るなら コサージュ関連は網羅したつもりになっていましたが、留め方についての質問をお受けし、コサージュを留める道具に全然触れていなかったことに気づきました。

 そんなわけで、遅まきながら、コサージュピンについて紹介します。
 コサージュを、コサージュピンで留める方法も2パターン紹介しますので、ご参考になさってください。

◆コサージュピンとは

 上にも書いたとおり、コサージュピンとは、生花のコサージュを服に留めるための道具です。

 形は、まち針みたいです。まち針だとすると、だいぶ大きいですけど。


 コサージュピンの全長は、約5.5cm。片側に、白いパールみたいな頭が付いていて、反対側は針になっています。
 私は、この長さ、この頭の色と形のコサージュピンしか見たことがないので、多分、サイズも色もこれしかないんだろうと思っていますが、確かめたことはありません。頭がグリーンのピンとかも、あって良いような気がしないでもありません。

 針の側は、布地に刺さなければならないピンですので、普通の縫い針と同じくらいの鋭さがあります。間違えて指に刺しちゃうとイタイです。

 私自身のスタンダードな留め方は、このピンを2本使い、「X」になるような形に刺す方法です(下の項で、画像付きで説明します)。しかし、今ほどネットで調べたら、完全に「ピン1本で、一文字に刺して留める(これも下に画像を出します)」方が主流でした。
 私としては、どっちでも、留め易いほうで留めれば良いと思います。

◆コサージュピンは、どこで入手できる?

 花屋にコサージュを注文すれば、必ず「コサージュ&コサージュピン」のセットで売ってくれます。なので、「ピンは自分で用意するのか?」という心配はご無用です。

 私は、コサージュを売るときには、必ずピンを2本つけますが、上の項に書いたように、「1本で留めるのが普通」という考えの花屋さんだと、付いてくるピンは1本だと思います。
 しかし、「自分は2本必要だ」と思ったら、「2本欲しい」と言えば、絶対にもう1本付けてくれるはずで、それを断る花屋はまあいないと思います。

 花屋で買うのではなく、自分で生花コサージュを作ってつけるときに使うのであれば、
  1. 花の資材屋
  2. 手芸店……置いていない店もある
  3. 花屋……コサージュピンだけ分けてください、と言ってみると、応じてくれる店もある(応じてくれない店もある)
  4. ネット通販……例)楽天市場のコサージュピン
などで入手できます。

◆コサージュピンの留め方……「X」型

 「コサージュピンとは」の項で書いたように、私自身のスタンダードなコサージュの留め方は、ピンを2本使って、「X」型に刺す方法です。

 要するに、このような刺し方になります。


 上の画像だけでは分かりにくいでしょうか……。コサージュが無いとダメかしら。
 この画像のためだけにコサージュを作るのもアレなので、これ↓をコサージュの足に見立てて実演させてもらっていいでしょうか?


 上の物体は、ペーパーを丸めたものなのですが、これを、下の画像の赤丸の部分と思ってくださいm(_ _ )m


 コサージュの足を、針でこんな風に固定します。

 コサージュピンの針は、「服の表から、布に入って出て、コサージュの足の上をとおり、また布に入って出る」。
 針先は、外に出します。針先を服の内側に入れてしまうと、多分刺さって痛いです。(下に項を設けますが、針先がむき出しなるのが嫌な方のために、コサージュピンキャップというものも存在しています)
 上の画像を見ていただくと分かるように、ピンは、コサージュの足には刺さっていないのです。服の布とピンの間に、コサージュの足が挟まっている、という状態を作ります。

 このように、2本で留めると、「落ちてくるのではないか?」という不安はなくなります。しかし、世の中のスタンダードな留め方は、下の項のような「1本でスパッと留める」方法のようです。

◆コサージュピンの留め方……「一」型

 私は、「X」に慣れているので、なんとなく1本だけで留めることに不安の念を覚えます。
 しかし、世の中の主流がこれだということは、1本で十分留められると思って安心していいのでしょう。

 一本で留める方法を、上の項と同様に、「偽のコサージュの足」でやってみます。
↓こうです。

 上の項の「X」型でやっているのと同じことを、一本でやっているだけです。針の先は、「服の表から、布に入って出て、コサージュの足の上を通って、また布に入って出る」。
 針は、コサージュの足を刺さず、針と布地の隙間に、コサージュの足が挟まる、という状況を作ります。

 私は、自分は「X」派ですが、本当は一本でシンプルにさくっと留められた方が、粋でカッコイイのではないか、という気がします。

◆コサージュピンキャップ、というものがある

 私は使ったことも、売ったことも無いのですが、コサージュピンキャップ、もしくはコサージピンキャッチ、というものがあります。
↓これです。
コサージピンキャップ

 これを使えば、針先がむき出しになりません。
 でも、コサージュピンの針先には、キャップが無いといけないとか、おかしいというものではありません。ほとんどの人はキャップ無しでつけていますし、花屋さんがコサージュを納品するときに、キャップは特につけないのが普通です。

 実際にコサージュをつけて動いてみれば、針がむき出しでも、別に不都合は無いことが分かります。しかし、どうしても「危険じゃない?」「痛そう」と思えて気になる人は、キャッチを導入なさると良いと思います。
 でも……コサージュピンのキャップは、コサージュピンよりも買いにくいです(需要があまり無いからです)。町の手芸店では、なかなか見つからないと思います。花の資材屋か、ネットで買うのが良いと思います。

(以前、「ピンブローチの針を収めるキャップ部分でもできるんじゃないか?」と思って試してみたことがありましたが、針の太さが違うのか、キャッチできずに抜けてしまいました)

◆コサージュピンを、ほかのもので代用できないか?

 コサージュピンがどうしても入手できない状況で、コサージュをつけなければならないとしたら……私だったら、とりあえず安全ピンで代用することを試みると思います。
 ただ、今までに、安全ピンで留めたコサージュをつけて歩き回ったことが無いので、「多分、大丈夫だろう」という言い方しかできません。
 安全ピンで服の内側から針を表に出し、コサージュの足を刺し通して、また服の内側に針先を刺して留めたらなんとかなるのではないでしょうか。(もしも、実際にやってみることがあったら結果を追記します)


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.