◆松やに落とし

 現在、私が家と職場で使っている松やに落とし剤は、上の画像の2種類です。どちらも、松やに落としに特化したものではなく、本当は別目的の商品として売っているものです。
 左のボトルは、消毒ジェル、右はクレンジングオイルです。両方とも、ドラッグストアで買いました。

 私の使用感としては、どちらもスムーズに松やにが落とせて快適に使えると思っています。

スポンサーリンク

◆松やに落としのスタンダードは……

 上には、二種類の松やに落としの画像を貼りましたが、厳密に言うと、うちにある松やに落としは三種類あります。
↓もう一つの松やに落としはこれなんですけど……

これ、一昔前は松やに落としのスタンダードだった「ベンジン」です。ベンジンは、松脂はよく落とせるのですが、落とした後の手がガッサガサになるので、いつしか女性たちに嫌われてしまいました。

 そこで、ベンジンに代わって使われるようになったのが、クレンジングオイルや消毒ジェルです。最初に誰が「これが良いぞ!」と気づくのか分かりませんが、私の場合は、花屋仲間の口コミで、こういうものが良いらしいと知って使い始めました。

◆クレンジングオイル

 クレンジングオイルで松脂を落とす方法は、手のひらに少量のオイルを出し(プッシュするタイプの容器なら、1プッシュでOK)、するするっとこするだけです。あっという間に落ちるので、面倒なことはありません。
 オイルで落とした後に、水で洗い流してオシマイです。

 私は、松やに落としに使うクレンジングオイルを買うときに、銘柄にこだわったことがありません。ドラッグストアに入って、一番コスパが良いと思うものを買うだけです。
 今までに、何種類のクレンジングオイルを使ったかもう分かりませんが(私の場合、12月中はほぼ毎日松を触るので、消費量が多いのです)、銘柄によって良し悪しがあったという記憶は無く、ぶっちゃけ「どれでもいい」と思っています。
 なので、メイク落としにクレンジングオイルを使っている方なら、それを使えば良いとおもいます。

 「自分はクレンジングオイルを持ってないし、正月花でしか触らない松のために、オイル1本買う気はない」という方は、100均で小さなクレンジングオイルを買って、無くなるまで毎年それを使えば良いと思います。

 クレンジングオイルと、下の項で解説する「消毒ジェル」を、松やに落としとして比較した場合、私個人の見解としては、
「大差無いが、わずかにクレンジングオイルの方がスピーディーな気がする」
と思っています。
 でも、「本当にわずか」なので、クレンジングオイルの方が絶対良いよ、と言うほどではありません。

花王 ビオレ メイク落とし パーフェクトオイル ミニ 50ml
《コーセー》 ソフティモ ホワイト クレンジングオイル 60mL

◆消毒ジェル

 消毒ジェルとは、手指の除菌・消毒用のジェルです。ハンドジェル、という名称でも呼ばれます。ノロウイルスやインフルエンザがはやりだすと、色々な施設の入り口なんぞにも設置されるので、家には無くても使ったことがある方が多いのではないでしょうか。

 消毒ジェルで松脂を落とす方法は、一度水で手を洗い、その後消毒ジェルを手に出して(プッシュタイプのものは、1 プッシュでOK)、松やにの付着している部分にこすって落とし、その後水洗い、という簡単なものです。

 私が使っているものの具体的な商品名を出しますと、手ピカジェルと、ミューズ消毒ハンドジェルしか使ったことがありません。しかし、うちの近所のドラッグストアでこれしか売っていないから必然的にそうなっているだけで、この2銘柄が優れているから、という理由ではありません。
 なので、ほかの商品のことは推測で言うしかないのですが、「多分、どの消毒ジェルでも大丈夫なんじゃないかなあ」と思っています。

 消毒ジェルは、松やに用に新たに買ってきても、本来の消毒ジェルとの目的で日々使うことができるので、無駄にはならないのではないかと思います。

手ピカジェル プチ 1.2ml×6包
レキットベンキーザー・ジャパン ミューズ消毒ハンドジェル 200ml(医薬部外品)


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.