◆カラーホチキス針

 ホチキスの針のカラフルなやつです。文房具店でも売っていますが、上の画像は、100均のダイソーで買ったものです。確か、文房具店で探したら、青と緑の針しかなく、しかも単色の販売だったのに、ダイソーのは一袋に5色入っていたので、ダイソーの方を買いました。もちろん、ダイソーの方が安かったというのも大きな理由です。

スポンサーリンク

◆主な使い道

 花を生けるときにホチキスを使うことはよくあります。作品の中の仕掛けの部分に使ったり、異質素材同士を留めつけたり、花材を留めつけたりします。ブログのこの記事では、葉ものをホチキス留めする画像を出しています。
 花作品でホチキスを使うときには、ほとんどの場合で針が見えないように使いますので、特にカラー針である必要は無く、普通の鉄の色の針で十分です。しかし、極まれに、カラー針の色で表現をする場合もあります。

 私がカラー針を買ったのは、枯れものをホチキス留めする必要が生じて、なるべく目立たない色で留めようと思ったからです。

◆こんな花材に使いました

 私が、実際に使用した枯れものは、これです。

 ドライソテツを、黄色の針で留めました。

↓こんな風に使いました。

 上の画像のように、針のところにだけ注目しますと、ばっちり見えちゃってますが、大きな作品にしたらほぼ目立ちませんでした。

 これから先、赤や青の針を使う必要にせまられる日が来るのかどうか分かりません。もしかしたら、その日が来る前に、書類を留める道具として使い切ってしまうかもしれません。


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.