◆管理人は、こんなところで花器を買っています

 私=管理人seiが花器を買っている調達先を、リアルに挙げてみました。
「いつかここで買いたい」という夢を持っている店と、「買わないかもしれないけど、見るのは好き」な店も、一緒に挙げておきます。

スポンサーリンク

◇蘭(草月流公式ショップ)

 「蘭」は、草月流公式の、花器・花道具のショップです。草月会館の4階に実店舗があり、オンラインショップもあります。また、流主催の花展には、蘭の売店が出ることが多いです。
 私は、特に蘭が好きなわけではないのですが、そこそこ長く草月をやっているために、気がついたら蘭で買った花器が多くなっていました。

 蘭で花器を買うメリットは、いけばな用花器に特化したショップであるため、いけばな人のニーズによく応えてくれる花器がそろっていることです。
 そして、草月流いけばなを習ったり、教えたりするときに必要&便利な花器(たとえば、基本の投げ入れ、プラスチック水盤など)で、身近で気軽に買えるとは限らないものが、常時品切れせずに買えるところも良いと思います。

 蘭で買える花器のほとんどは、正直言って、「ここでしか変えない。ほかでは売っていない」というようなものは少ないです。
 よその華道具屋、器屋で、よく似たようなものは大体買えると思います。しかし、そのような他ショップを探し回る手間も時間もかけたくない方や、流公式の安心感のあるショップで買いたい方は、蘭を利用すれば良いと思います。
 蘭は、法外な値段設定はしていません。花器・華道具の値段としては、「普通」だと思います。セール品なら、これは安い!と思うものもあります。

 私は、蘭で花器を買うときは、持ち帰り可能なものなら草月会館のショップで買い、持ち帰りが難しいものは通販で買っていました。でも、最近はめっきり買わなくなっています。
 別に、蘭が嫌いになったわけではなく、みだりに花器を増やさない方針にしたのと、基本的なスタイルの花器で、自分の好きな傾向のものはコンプリートしてしまったことがその理由です。

 下の画像は、私が蘭で買った花器の一部です。

◇器の産地、各地の窯元・工房

 私は一時期、焼物やガラスの産地に花器を買いに行くのが好きだったことがありました。
 備前、倉敷、小樽、瀬戸、美濃、清水、越前、益子、笠間、久谷、有田、唐津、など、結構色々なところに行っていますが、高価なものを買うわけではなく、しかも花を生ける実用品を買うので、「コレクション」と呼べるような立派なものにはなっていません。

 私の花器の買い方は、どこの産地に行っても同じです。
 ショップ、窯元、工房に、まる1日ローラー作戦をかけ、自分基準で、
  • ぜひ花を生けたいと思えるもの
  • これはステキだと思うもの
  • 予算内のもの
の三点を満たす候補の中から、5点を上限にして買います。該当する品が一つも無ければ、たとえ新幹線を使って来たとしても買わずに帰ります(小樽ガラス、九谷焼は、空振りして帰っています)。
 この買い方は、器の専門家でもなんでもない私の個人的な「いつものやり方」なので、特に良い方法とは思いませんし、人にお勧めもいたしません。

 下の画像は、私が器の産地で買った花器の一部です。

◇雑貨店・キッチン雑貨店・インテリアショップ・デパートの雑貨コーナー

 もしかしたら、私が最近花器を多く買っている店1は、雑貨店かもしれません。上にも書いたように、いわゆるいけばなの定番花器みたいなものは、もう増やしたくなくなっているので買うのを控えているのですが、その辺の棚にちょこっと置けるような花器は、今でもたまに買ってしまうからです。

 都内をうろついていると、オシャレな雑貨屋はいくらでもあって、通りすがりの雑貨屋を冷やかして見るだけでも結構な数をこなせます。デパートの中のキッチン雑貨のコーナーも、同じ感じで冷やかして、食器を花器利用する目線で品定めしたりもします。
 雑貨店の器では、「安いのに値段ほど安っぽくはないやつ」を重点的に探します。いいなと思っても、基本的には買わずに帰り、データだけインプットしておいて、必要が生じたときに活用することが多いです。
 オシャレ雑貨店は、見るだけで楽しいので、情報収集するだけでも、心の中の何かが満足するみたいです。

 私が行く雑貨屋は、通りすがりが多いので、特に気に入っている店は無いに近いのですが、目に入ったら必ず寄るのは、フランフランアフタヌーンティーなどです。
 雑貨店とはちがうかもしれませんが、ロフト東急ハンズでも、よく器を見ます。また、これも雑貨店とは少し違いそうですが、民芸品店を見るのも好きで、安い食器など買い、いつか食器利用に飽きたら花器にしようと思っているものがいくつかあります。

 何度も行くんだけど、高いから買ったことがないのがモマストアです。
 ずっと前から行こうと思っているのに、意外と行ってないのが、ニトリイケアアクタスです(これはインテリアショップというべきでしょうか)。
 わりよく見るのに、「不作だ」と思うのは、エスニック雑貨店です。エスニック雑貨店には、安くて面白い食器や、本当の使い道がよく分からない容器など、色々あって見るのは面白いのですが、「これに花を生けたい」というものがめったにありません。まあ、このあたりは、私の好みの問題かもしれません(エスニック雑貨自体は嫌いじゃないのになあ)。

 下の画像は、私が雑貨店で買った器たちの一部です。

◇器屋(瀬戸物屋・ガラス屋)

 陶器・ガラス・金属器のお店で、食器・花器などをの器を扱うお店には、専門店から、町の小さな個人商店まで、色々な店があります。私はどちらもよく活用してきました。安いものも買いましたし、作家ものの花器も買いました。

 私の特に好きな店は、神楽坂に一店、代々木に一店、青山に一店あります。
 厳密に言うと、神楽坂の店は、「好きだったのはかなり前」です。この店は、あるときから花器の扱いが少なくなってしまい、私はもう何年も買っていません。

 よく、花器を買いたいと思っている人に、「良いお店が無くて」と言われることがあるのですが、私は、町の何ということもない瀬戸物屋などを利用してきているので、「ご近所に1軒や2軒はあるのではないですか?」と言ってみることにしています。

 下の画像は、私が「その辺の器屋」で買った花器の一部です。

◇100均

 100均は、たまに利用します。ミニ花瓶とか、水栽培容器らしいガラス器とか、花器利用できそうな食器を買います。
 多くの場合、
「ダメモトで何か実験したいときの器」
「使い捨ててもいいやという目的の器」
「器というより、落とし」
に活用します。

◇資材屋

 私がよく使う資材屋の東京堂シモジマ で、花器も買うことがあります。
 「見るだけリサーチ」のために行くのは、家に一番近いシモジマに行く機会が多いですが、トータルだと東京堂の方を多く利用していると思います。

 私が資材屋で買う花器は、店舗の納品に使えるようなものか、パッと見て気に入ったものです。どちらも、そんなに高いものは買っていません。

◇お教室経由

 いけばなや、フラワーアレンジメントのお教室で、先生経由で花器を注文できるのは結構ポピュラーなことで、私も何度か自分の先生に花器を取ってもらっています。

 普通は、その教室の母体スクール(草月流いけばな教室だったら、草月流本部が母体)で販売する花器を、各教室の先生が取りまとめて注文する、という販売方式なのですが、私の通っているいけばな教室は、先生が独自に鉄屋さんに鉄花器を発注し、そのついでに生徒さんたちも一緒に注文できるようなシステムを持っていました。(今は、その鉄屋さんが廃業してしまい、注文できなくなりました。残念)

◇草月流アトリエ

 鉄の花器を作ってもらったり、カタログに出ている既製品の鉄花器を買ったりします。
 私の場合、買った点数はわずかなもので、新作が出るたびに買うような先生や、展覧会のたびに自分デザインの花器を発注しているような先生と比べると、全然「買っている」うちにも入りません。

【参考】鉄花器の発注方法を解説した記事を以前にアップしています。これから注文したい人はご活用ください→草月流の鉄花器を買う方法

◇ギャラリー

 作家ものを扱うようなギャラリーで、陶器・ガラスの花器を売っているようなところにも、たまに行きます。そういうところは高いので、ほとんど見るだけで、買うことは稀です。

 しかし、目の保養になりますし、ものすごく変わった作など見ると、いけばな作品を着想するヒントになったりするので、見に行くこと自体は好きです。

◇みやげ物屋・ミュージアムショップ

 土産物屋とミュージアムショップを一緒くたにするのもどうかと思いますが、私にとっては、どちらも旅行先で行くことが多いので、「同カテゴリ」にしてしまいました。

 焼物や、ガラス工芸の産地のおみやげ物屋や、焼物の美術館・博物館・ガラスの美術館などのミュージアムショップには、必ず器が売っています。
 手の平に乗るようなミニ花器から、何万もするような花器まで、色々なものがあり、多くは見るだけでも楽しいものです。

 私は、このような場所では見るのが専門で、ほとんど買いません。なぜなら、ごく一般的なものと、装飾性が強いものが多いからで、ちょいと一ひねりした、いけばな人の想像力に訴えかけてくるようなものは少ないからです。
 しかし、何度も見てしまうと、何個かは買ってしまっていて、中には、人に差し上げようと思って買ったのに、わたす前に花展の下いけに使ってしまい(だって、目的にぴったり合う形だったんだもの)、仕方なく自分用にしたものもありました……。

◇ネット通販

 私は、花器のネット買いは、限られたものしかしません。
 規格品で、今までに何度も実物を見たことがあるものか、見たことはないけど、商品情報を見ただけでほとんどどんな花器か把握できるものが主です。

 つまり、ネット買いする気になるのは、たとえばこういうやつです。
ストレートラウンドポット

 反対に、余程のことが無い限りネット買いしないのは、こういうものです。
備前焼 花器 花入

 基本的には、上のような、「分かりきっているものはネット買い可、個々に違う個性のあるものはネット買い不可」の方針を持っています。しかし、ごくまれに、この方針を無視しなければならないこともあります。
 たとえば、直径70cmのガラス鉢がどうしても欲しい、70cmでなければどうしてもイカン、と思っているときに、リアル店舗をいくら捜し歩いても出会えず、絶望しかけたところに、楽天市場で該当する商品が見つかったとすれば……それは、買っちゃいます。買ってがっかりするのを想定内として買っちゃいます。

 私が花器をネット買いするときのショップは、楽天市場はなどんやアソシエ です。覚えている限りでは、一度だけフェリシモ も買ったことがありますが、そのほかは無いと思います。
 AmazonYahoo!ショッピングは、頻繁に見ることは見るのですが、買ったことはありません。

◇花屋

 花屋の中で、花器も売っているところがあります。大体、店のレジ付近か、入り口付近の一角の棚に花瓶類が並んでる、というような売り方をしているところが多いです。

 私が花屋で花器を買ったのは、今までで一度しかありません。シンプルな、よくある形の花瓶でしたが、そのときは「たった今、買って帰りたい」と思っていたところだったので(花展の下いけをしたかったのだと思います)、深く考えもせずに購入しました。
 しかし、私は基本的には、花器を買おうと思って花屋に入ることはないので、余程魅力的な器に出会うか、余程タイミングが合わなければ、今後買うことは無いと思います。

◇華道具屋

 華道道具の専門店というものがあります。要するに、この記事の最初の項に書いた「草月流公式ショップ」みたいなものを、一般企業で(あるいは個人で)経営しているお店です。もしも、自分の行動範囲の中に、このようなお店があるなら、そしてあなたがいけばな人なら、一度は行ってみると良いです。好きな人には、楽園みたいなお店です。

 私がよく行く店は、青山に二店(ことぶきやつたや)、四谷三丁目駅近くに一店(うめの花器)あります。
 そして、遠方なので行けないですが、この店も良いことは知っています→大津寄花堂

◇オークション

 私は、ネットオークションというやつには、大いに興味を持っているのに、なんだか面倒くさい気もして、今までに一度も買ったことがありません。
 実は、ヤフオク!はとっくにアカウントを持っています。実際に、買おうと思って検索することもよくあったりします。
 けど、入札は一度もしたことありません。入札の直前までいくのに、
「まあいいか……」
と思ってしまい、それっきりになるというのがいつものパターンです。

 でも、入札しないくせに、見るのは好きです。私がヤフオク!でよく見るのは、こういうものです→草月流 李朝花器 ガラス花器

◇バカラで、値段も見ずに買いたい

 私は、バカラのガラス器には、大きな憧れを持っています。
 以前には、
「バカラのガラスはきれいだけど、花と引き立てあう器とは言えない」
と思っていて、
「ステキだけど、買わなくていい」
とか言っていました。(そもそも買える財力は無いんだけど)

 しかし、あるときに、ダニエル・オストがバカラの「ツイスト」の形に、まともに乗っかって作品にしているのを見て、
「アタシモバカラニマトモニイケタイ」
などという、大それた夢を見るようになってしまいました。

 バカラのツイストとは、こういうやつです。


 もしも、私が超お金持ちになったら、バカラのショップで、大型の装飾的な花器を、値段も見ずに買ってやろうと思います。


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.