◆不器用な管理人の水引の結び方……菊(二種類)

 前のページから見ていただくと分かりますが、管理人は超不器用で、水引についてはほぼ無知です。
 ここで紹介するのは、フラワー製作(フラワーアレンジメント・リース・ガーランドetc)の飾りとして使う水引結びであって、正式な水引の結び方ではありません。遊びで作った、フリースタイルの結び方としてご覧ください。

スポンサーリンク

◇「菊」

 私が勝手に「菊」と言っているものです。子供の工作レベルで恥ずかしいですが、これでも、お正月アレンジにでも挿しておくと、結構それっぽく見えます。

 作り方は、出来上がり画像を見れば大体分かるかと思いますが、一応解説してみます。
↓まず、適当な本数の水引を、適当な長さに切ります。

 この長さで、菊の花弁の長さが決まります。長さの目安は、「出来上がりの花弁の長さの二倍よりもちょっと長いくらい」です。

↓切った水引全部を、半分の長さに折ります。


↓折った水引を一まとめにして……


↓ワイヤーで一くくりにします。

 上の画像で使っているワイヤーは、千代紙の中に針金が通っているタイプのもので、見えても大丈夫なやつです。これは、和菓子の包装に使われていたのを取っておいたものです。今回に限ってこのようなワイヤーを使うのは、位置的に、かけたワイヤーを隠すのが難しそうだからです。

↓上の画像の水引を指でふわっと開かせます。


 このままだと、使用するときに「留める場所」が無いので、爪楊枝を刺してピックのように仕立てます。


 爪楊枝に、接着剤をつけて差込み、接着剤が乾いたら出来上がりです。

◇「大輪菊」

 上の項の「菊」を、水引の本数・長さを同じままで大輪に作る方法です。
 水引を、半分に折るところまでは一緒で、折ったものをまとめるところからが違う手順になります。

↓半分に折った水引を、一本ずつ並べるようにして持ちます。

 このときに、水引を二色使っている場合、たとえば、上の画像のように金銀の水引を使っている場合には、金と銀をきちんと交互に並べていきます。(ごちゃごちゃに混ざっていると、なんとなくおかしい場合があります。おかしくなければ、混ざっていてもかまわないんですけど)

↓並べた水引を、崩さないようにワイヤーでまとめます。

 上の項の「菊」と同様に、見えてもOKな水引を使うと、隠す手間が省けます。
 「菊」と「大輪菊」の違いは、要するに水引を丸く束ねるのか、平べったく並べて束ねるのかの違いです。「大輪菊」のほうは、厚みを作らない分、一見大きく開くように作れるのです(立体感は犠牲になりますけど)。

 「大きく開く」には、下の画像のように、花弁を左右にぐいーっと開くだけです。

 両端の水引は、ほとんと真横くらいの角度に曲げてしまいます。

↓爪楊枝の足をjつけて、出来上がり。



Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.