◆不器用な管理人の水引の結び方……足付きねじり輪

 前のページから見ていただくと分かりますが、管理人は超不器用で、水引についてはほぼ無知です。
 ここで紹介するのは、フラワー製作(フラワーアレンジメント・リース・ガーランドetc)の飾りとして使う水引結びであって、正式な水引の結び方ではありません。遊びで作った、フリースタイルの結び方としてご覧ください。

スポンサーリンク

◇「足付きねじり輪」

 二色の水引をねじって作ります。「紅白」でも、「金銀」でも良いと思います。最近は、クラフト用の様々な色の水引があるので、独自の色の組みあわせもできます。

水引,結び方

 わっかの部分だけ見せるようにアレンジに挿したり、足も見せて正月飾りに使ったりします。

◇結び方

 作り方は、まず適当な長さの水引を用意します。
水引,結び方
↑の水引は、カーブしていますが、これは、別の形に使っていたものを再利用したからなので、まっすぐな水引で大丈夫です。私は、何度も同じ水引で、別の形に作り直したりするので、上のような曲がった水引を使うことがよくあるのですが、曲がった部分は、「ねじってわっかにする」ような部分に当てれば、人が見て再利用だとは分かることはありません。
 水引の長さは、多少長めのほうが、かっこよく足長に作れます。

 用意した水引の、端をワイヤーでまとめます。
水引,結び方
 ワイヤーで留めたほうからねじっていくので、私のように、「曲がった水引で再利用」を考えている方は、曲がった部分に近いほうをワイヤーでくくってください。

 くくるときに、赤は赤、白は白でブロック分けしておきます。その理由は、下の画像のように、紅白でねじっていくからです。
水引,結び方

 ねじった水引の、「ねじり」をなるべく崩さないようにして、わっかを一つ作ります。
水引,結び方

↓さらに、もう一つわっかを作ります。
水引,結び方
 これで、すでに全体像はできあがっています。
 この形を固定するためには、何かで縛って留めなければなりません。ワイヤーやテグスという手もありますが、ここでは同色の水引で縛って留めました。

 固定できさえすればいいので、留め方はその場の都合でなんとでもしてしまえば良いと思いますが、一応、私がこの水引を縛ったときの画像を順番に並べてみます。
水引,結び方
↑とにかく、真ん中をぎゅっと固定してしまいたかったので、二つの輪が重なる真ん中のところに、紅白一本ずつの水引を割り込ませます。

↓二本の水引きを、真ん中にズバッと通してしまいます。
水引,結び方

↓真ん中に通した水引で、結び目付近を二回くらい巻きます。
水引,結び方
 後々、見えてもまあまあ大丈夫な場所をなんとなく考えながら巻きます。(どうしてもかっこ悪く巻けちゃったら、その部分を隠して使えばいいので、そんなに神経質にならずに作ります)

↓巻いた最後を、ぎゅーーーっと結びます。
水引,結び方

↓結んだ水引を、結び目ギリギリのところでカットします。
水引,結び方

 結び目の無い側を表にして使います。
水引,結び方
 画像の水引は、足の長さがバラバラですが、きれいに切りそろえたほうが「正式感」が出ます。


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.