◆不器用な管理人の水引の結び方……花結び

 前のページから見ていただくと分かりますが、管理人は超不器用で、水引についてはほぼ無知です。
 ここで紹介するのは、フラワー製作(フラワーアレンジメント・リース・ガーランドetc)の飾りとして使う水引結びであって、正式な水引の結び方ではありません。遊びで作った、フリースタイルの結び方としてご覧ください。

スポンサーリンク

◇花結び

 管理人が勝手に「花結び」と呼んでいるものです。
 たまたま、金銀で二つ作ってあったので、二つとも撮ってみました。

 上の二つの花結びは、パッと見た感じはかなり違いますが、多分、同じ方法で作ってあります。
 「多分同じ」というのも、無責任な表現なのですが、実は私の「花結び」は、作り方が固定されていません。この結び方は、元は「梅結び」というのを目の前で作って見せてくれた人が、「あわじ結びの片方の足で、輪を二つ足すだけで梅みたいになります」と言っていたときの記憶だけを頼りに、毎回適当に「花っぽく」作っているだけのものなのです。

 というわけで、超適当で恐ろしいくらいの作り方を、一応紹介しましょう。
 まず、あわじ結びを作ります。


 上の画像の、★マークの足を、下の画像のように、二箇所くぐらせて上に持っていきます。(赤丸のところがくぐらせた箇所です)


 「★」の足を、こんなふうにくぐらせながら下ろしていきます。


 「★」の足は、計三箇所くぐって下に降りてきます。

 そうすると、なんとなく花っぽくなりました。

 要するに、片方の足を一度上にあげて、また下ろしてくる過程で輪が二つ発生すればいいのです。私は、「5枚の花弁みたいなものさえできればいい」と思って、そのときによってかなり適当にくぐらせる場所を探します。
 くぐらせる場所を間違えると、ほどけて輪にならなかったり、水引の線が妙なところに集中してしまったりすることもあります。また、どこがどうとは言えないが、何となくどこかがおかしいと感じるものに出来上がるときもあります。
 しかし、私は少しくらい妙なところがあっても、そこを隠すように使えばいいやと思って、ほどいてやり直すことはあまりありません。(ほどけちゃったときは、形にならないので何らかの方法でリカバリします)

 最近は、多少賢くなり、前年に作った「自分としてはうまくできた花結び」を、一個だけ手元に残しておいて、翌年にそれを手本にして作るという方法をとっています。

◇花結び(三本)

 上の項の「花結び」を、三本で作りました。

 もっと花弁を小振りに作れたらかっこいいような思うのですが、ヘタなので、なかなか締めることができません。

◇花結び(五本)

 上の項の「花結び三本」に、更に二本足してご本で作ってみました。

 これは、五本の水引を平らにそろえてうまく作れると、すごくきれいなんじゃないかと思います。(私のはきれいじゃないですけど)

【関連記事】


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.