◆不器用な管理人の水引の結び方……あわじ結び(不細工です)

 前のページから見ていただくと分かりますが、管理人は超不器用で、水引についてはほぼ無知です。
 ここで紹介するのは、フラワー製作(フラワーアレンジメント・リース・ガーランドetc)の飾りとして使う水引結びであって、正式な水引の結び方ではありません。遊びで作った、フリースタイルの結び方としてご覧ください。

◇あわじ結び(超不細工ですみません)

 「あわじ結び」とは、水引の、かなり基本の結び方らしいです。お祝いの結び方の一つらしく、地方によっては使い方に決まりがあるようです(詳しく知らなくてごめんなさい)。
 しかし、私は気軽にあわじ結びを使ってしまいます。なぜなら、私のあわじ結びは、最終的に普通のあわじ結びとは別物になるからです。

 あわじ結びとは、下の画像のような結び方(不細工ですみません)です。
あわじ結び いい加減な結び方

 普通はこの向きでは上下が逆でして、本当はこういう向きで使うらしいのですが……
あわじ結び いい加減な結び方
でも、私には、世間とは逆向きで良いのです。なぜなら、私はあわじ結びにワイヤー掛けし、ワイヤーをかけた部分を「足」にして使うからです。

↓要するに、こういう風に使いたいのです。
あわじ結び いい加減な結び方
 こうなると、もはや「いわゆるあわじ結び」ではありません。「あわじ結びに似ている水引パーツ」ですが、単に「輪が三つ付いてるだけのパーツ」です。決まりごとや礼儀がどうこうという話しからは逃れられます。
 私はこのパーツを、お正月アレンジ、お正月花、お正月リース、お正月飾りなどに使います。

 私は、水引作家ではありませんし、水引の正式な知識をほぼ知らない者です。なので、私のあわじ結びは、専門家の方からすると間違っている箇所があるかもしれません。また、出来上がりが、多分とても不細工なのだと思います。しかし、恥をしのんでここに作成画像を貼ってみます。(「正式」を求める方は、こんなワードでググッてみてください→「あわじ結びの結び方」

 まずは、水引をこのように持ちます。
あわじ結び いい加減な結び方

 上の画像で下に降りているほうの足を、ぐいっと上にあげます。
あわじ結び いい加減な結び方
 上にあがった足は、親指で押さえている輪の後ろを通っています。

↓上の画像で、上にぐいっと上がった足が、三つ目の輪を作ります。
あわじ結び いい加減な結び方
 非常に文章で説明し難いもんで、なんとか目で見て手順をご了解ください……。

↓この、最後にくぐらせる場所を、私はたまに間違えて失敗するのです(恥)。
あわじ結び いい加減な結び方

 ところで、正式な作り方ではどうするものか知りませんが、私は上の画像のように、あわじ結びの上下が逆(自分が使うときの向きとは逆)になった状態で結ぶほうが楽です。楽というか、このこの向きでないと作れないかもしれません。

 さて、上下を返すと、不細工ながらもあわじ結びの体裁になっています。
あわじ結び いい加減な結び方

 上のような、とんでもなくかっこ悪いあわじ結びを、あっちを引っ張りこっちを引っ張りして、何とか見られる体裁にまで整えます。体裁を整えるときに、引っ張り方によって、何となく雰囲気が違うあわじ結びを作り分けることもできます。

↓たとえば、こんな風に。
あわじ結び いい加減な結び方 あわじ結び いい加減な結び方

 私のあわじ結びの作り方は、できているあわじ結びを見ながら真似していっただけのもので、本当はもっと合理的で美しく出来る結び方があるのかもしれません。

◇あわじ結び(三本)……超不細工ですみません

 上の項のあわじ結びを、水引三本で作ると、ボリュームがアップしますし、なにやら「正式な和もの」の感じが出てきます。
あわじ結び いい加減な結び方

 使い道は、あわじ結びと同じで、私は二本の足をワイヤーで一つにくくって使います。

 三本でやると、不細工さが際立つので、かなり恥ずかしいですね……。
 正式な水引の扱いを習えば、多分、三本をきれいに並べる技とか、ひねりの入るところのきれいな見せ方とか、教わるんじゃないかと思います。
 そういうものに興味がある方は、水引教室のお正月講座みたいなものを受けてみるといいと思います。(暮れになると、カルチャーセンターとか、市民会館などで、1回限りの手軽な講座があったりします。東急ハンズみたいなお店でもあるかもしれません)

◇あわじ結び(五本)……超不細工ですみません

 上の項の「三本」に、更に二本足してご本であわじ結びにしてみました。
あわじ結び いい加減な結び方
 私のような基礎的技術が無い者には、複数の水引をペタッと並べるようにして結ぶのは、五本が限界です。
 五本でも、正式な観点から見ると、多分アウトなのかもしれません。

 使い道は、あわじ結びと同じで、私は二本の足をワイヤーで一つにくくって使います。

 五本使うと、相当ボリュームが出てくるので、一つでも視線を集めるポイントになってくれます。


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.