◆不器用な管理人の水引の結び方……「房」

 前のページから見ていただくと分かりますが、管理人は超不器用で、水引についてはほぼ無知です。
 ここで紹介するのは、フラワー製作(フラワーアレンジメント・リース・ガーランドetc)の飾りとして使う水引結びであって、正式な水引の結び方ではありません。遊びで作った、フリースタイルの結び方としてご覧ください。

スポンサーリンク

◇「房」

 これも、管理人が「房」と勝手に名づけたものです。「一房、二房」と数えているうちに、いつのまにか「房」と呼ぶようになりました。

 これは、完全に廃物利用で作り始めたものです。
 水引を、色々切って何か作っていると、下のようなきれっぱしができます。


 最初は、このようなきれっぱしは捨てていたのですが、ある日そういうものをひとまとめにし、長さを切りそろえてみました。


 そろえた水引の片側をワイヤーで留めると出来上がり。

 水引の本数ををたっぷり使った場合には、扇のようにパッと開くようにすると派手になります。

 「房」の使い道は、お正月リースや、お正月飾りのワンポイントなどがいいです。私は、「何かちょっと仕上がりがさびしいけど、もう素材が何も無いな……」というときに、きれっぱしを拾い集めて「房」を作ることが多いです。

◇「房2」

 上の「房」をアレンジしたものです。


 房の先の部分だけを曲線に癖付けします。指でもできますが、きれいに揃った曲線を作りたいなら、なにか丸いもの……たとえば、鉛筆などで癖付けするといいです。



 使い道は、「房」と同じです。

◇「房3」

 上の項の「房2」よりも、もっと深く巻き込んで曲線を作りました。

↑この画像では、曲線部分をばらしてみましたが、ばらさずにピシーっとそろえてもいいです。
 使い道は、「房」と同じです。

◇「房4」

 上の「房3」「房4」よりも、大きい型に巻いて作り、平にそろえるように開いてみました。


↓液体のりの容器に巻いてみました。


 「房シリーズ」は、どれも開き方でかなり顔が変わります。また、この程度の癖付けであれば、何度もやり直せますので、色々な大きさの曲線を試してみて、しっくりくるものを選べます。

 使い道は、「房」と同じです。

◇「房5」

 上の項の「房4」よりも、もっと深く丸めて、1回転半くらい巻いたものです。


 これを、もっと長さを出して作ると、クリンクリンのコイル状の水引が作れます。
 使い道は「房」と同じです。

◇「房6」

 上の項の「房5」を、ばらして開いたものです。

 使い道は、「房」と同じです。


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.