◆不器用な管理人の水引の結び方……足長リボン結び

 前のページから見ていただくと分かりますが、管理人は超不器用で、水引についてはほぼ無知です。
 ここで紹介するのは、フラワー製作(フラワーアレンジメント・リース・ガーランドetc)の飾りとして使う水引結びであって、正式な水引の結び方ではありません。遊びで作った、フリースタイルの結び方としてご覧ください。

スポンサーリンク

◇「足長リボン結び」

 こちらの→リボン結びを大型化したみたいなやつで、足がさらーっと長いので、「足長リボン結び」と呼んでいます。


 この形も、8結びと同じく、100均のお正月リースについていたのを真似したものです。8結びと同様、足をサーーと流して格好つけたいときに使えます。

 作り方は、まず輪を一つ作ります。


 そして、下の画像のように、もう一つ輪を作ります。

↑このとき、二つのループの大きさを、同じに作ってもいいですし、大小の輪にしてアンシンメトリーにしてもいいです。実は、私が100均で見たものは、大小の差をものすごく大きく作ってあったものですから、私は何となく引きずられてアンシンメトリーに作ってしまうことが多いです。(でも、よく考えたら、同じ大きさの方が絶対的に扱い易いような気がする)


 水引が交差するところでワイヤーをかけたらできあがり。


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.