◆不器用な管理人の水引の結び方……一つ輪・二つ輪

 前のページから見ていただくと分かりますが、管理人は超不器用で、水引についてはほぼ無知です。
 ここで紹介するのは、フラワー製作(フラワーアレンジメント・リース・ガーランドetc)の飾りとして使う水引結びであって、正式な水引の結び方ではありません。遊びで作った、フリースタイルの結び方としてご覧ください。

◇「一つ輪」

 私が勝手に「一つ輪」と言っているものです。

 これは、要するにひねり結びの「ひねらないバージョン」です。使い道も、ほぼひねり結びと一緒です。


 作り方を言うほどではないですが、下の画像のように、二色の水引を一緒に持って輪を作り……

 水引の交差するところをワイヤーで留めるだけです。

スポンサーリンク

◇「二つ輪」

 上の項の「一つ輪」の、輪を二つにしたものです。


 これも作り方を言うほどではないのですが……

 二色の水引で輪を二つ作り、水引が交差する部分をワイヤーで留めます。

 一重のものを二重にすると、単純に豪華さがアップします。よって、水引の本数が同じなら、一つ輪よりも、二つ輪の方が、豪華さがちょいアップします。

 使い方は、ひねり結びや、上の項の「一つ輪」と同じです。


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.