◆不器用な管理人の水引の結び方……楕円うず巻き(三種類)

 前のページから見ていただくと分かりますが、管理人は超不器用で、水引についてはほぼ無知です。
 ここで紹介するのは、フラワー製作(フラワーアレンジメント・リース・ガーランドetc)の飾りとして使う水引結びであって、正式な水引の結び方ではありません。遊びで作った、フリースタイルの結び方としてご覧ください。

スポンサーリンク

◇「楕円うず巻き」

 私が勝手に「楕円うず巻き」と言っているものです。

 これは、私が捨てるような短い水引で、難しいことやらずに飾りに仕立てようとして、相当適当に作ったものです。どんな不器用な人にもできるし、きれっぱしを取っておいてもできるので、実際に何度もいけばなやフラワーアレンジメントに使っています。

例によって、作り方を説明するほどではないのですが、一応、作成画像を貼っておきますね。
↓まず、水引を一重の輪にして……


 輪を、手で癖付けして楕円形にします

 楕円にするのは、まんまるの輪よりも、楕円の方が、花作品に持ち込むときに収まりが良いように感じるからなのですが、まん丸なまま作ってもかわいい飾り物に使えるんだろうと思います。てゆーか、丸く作って、作品にあわせてみた「楕円がいいな」と思ってから癖付けしたっていいのです。私は、習慣で最初から楕円を作ってしまいますけど。

 楕円を、二つ三つと重ねていきます。

 年輪みたいに、輪の大きさをちょっとずつ変えて重ねます。

 上の画像で、指で押さえているところをワイヤーでとめればできあがり。

 ここでは三重渦巻きにしましたが、もっと多く作ってもいいです。
 また、この画像は、一本の水引で作っていますが、私は普段はきれっぱしを寄せ集めて作ることが多いです。すまり、上の画像と同じものを作るために、きれっぱし水引を三本使うようなことをしています。

◇「二色楕円うず巻き」

 私が、勝手に「二色楕円うず巻き」と呼んでいるものです。上の項の「楕円うず巻き」を二色で作ったものです。


 単純に、銀で作った渦巻きに、後から金を足しました。

 使い道によっては三色でもいいと思いますが、どうも二色くらいが使い易いように思います。

◇三連楕円うず巻き

 私が、勝手に「三連楕円うず巻き」と呼んでいるものです。上の項の、二色楕円うず巻きを、三つ重ねて一つのパーツにしたものです。

 このくらいのボリュームがあると、フラワーアレンジメントで花一本分の代わりにできます。
 ワイヤーの部分がゴタつきやすくなりますので、うまく隠して使います。実際に使った画像を、こちらの記事に貼ってあります→実例:小さい正月花……正月花を、ホントに簡単に生ける

◇楕円うず巻きシリーズの使い道は?

 フラワーアレンジメント、いけばな、お正月リース、お正月飾りなど、色々使えます。


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.