◆不器用な管理人の水引の結び方……ひねり結び

 前のページから見ていただくと分かりますが、管理人は超不器用で、水引についてはほぼ無知です。
 ここで紹介するのは、フラワー製作(フラワーアレンジメント・リース・ガーランドetc)の飾りとして使う水引結びであって、正式な水引の結び方ではありません。遊びで作った、フリースタイルの結び方としてご覧ください。

◇「ひねり結び」

 私が勝手に「ひねり結び」と言っているものです。

 この形の水引は、お正月リースや、洋風に仕立てた正月飾りなどによく使われています。二色の水引を、ねじりあうようにひねるので、「ひねり結び」です。

 作り方は、見れば分かるよって感じですが、二色の水引を、同じ本数手に持ち、各色が交じり合わないようにねじりつつ、輪っかを作って、ワイヤーで一ヶ所留めるだけです。簡単すぎて、数十秒で作れます。
 どんな大きさで作っても良いと思いますが、小さすぎるとひねれません。


 ポイントは、二色のねじり合いを出すことなんですが、

 テレビ見ながらやってたりすると、「二色のねじり」にならず、二色がバラバラに入り乱れてしまうことがあります。でも、「入り乱れ」でも、見た目おかしくなかったら、私は「まあいいや」でそのままワイヤーをかけてしまったりしますが……。

 二色のねじり合いをはっきり出そうと思ったら、水引があまり少ないとうまくいきません。上の画像は「金5銀5」でやっていますが、各色10本くらいずつ使うと、「金銀」「紅白」という対比が明確になってきます。もちろん、もっと大量の水引を使えば、その分ボリュームも、豪華さも出せます。

スポンサーリンク

◇「ひねり結び」の使い道

 お正月リース、お正月飾りに使えます。
 いけばなやフラワーアレンジメントには、私はどうも馴染みが悪いように感じるので、使ったことはありません。しかし、輪っかが良いポイントになるような作品を考え付いたら、使ってみることもあるかもしれません。

◇ワイヤーは隠すほうがいいと思います

 一番上の画像では、ワイヤーで留めたところがはっきり見えています。せっかく自作の飾り物を作るのであれば、この部分は何らかの方法で隠すほうがいいと思います。
 しかし、既製品のお正月リースでは、ワイヤー丸見えで使っていることが多いです。特に、安いものがそうなっています。なので、世間的には「ワイヤーは、きちんと始末すれば見えてもOK」なのかもしれませんが……でも、好きで作る飾り物なのであれば、やっぱり隠したほうがいいかな、と思います。


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.