◆巻きダンボール(リサイクル)

 私は巻きダンボールを、花材・資材・花器・展覧会作品などの運搬の際に使うことがあります。私にとっては、非常に頼りになる梱包材料です。

↓でも、新品じゃなくてリサイクルなので、シワシワですけど。
巻きダンボール

◆巻きダンボールは、買いません

 「非常に頼りになる」とか思っている割りに、私は巻きダンボールを買ったことがありません。私の使う巻きダンボールは、常に「花屋の入荷のときに花材を包んできたものを、『捨てるならちょうだい』と言って貰ってきたやつ」です。

 なぜかと言いますと、巻きダンボールを買おうとすると、「120cm幅×20m巻き」とかになるからです。頻繁に使うなら、買ってもかまわないのですが、自分の荷物をこれで梱包するのは、月に1回あるかないかなので、20m巻きや50m巻きなど買う気がしません。

 また、一度使っただけで捨てるようなことはしないので(一回の使用で、とんでもなく汚れたり傷んだりすることも無いとは言いませんが)、ますます何十メートル分も買う意味がありません。上の画像の巻きダンボールは、すでに5回くらい使用しているものです。そして、まだあと少なくとも5回くらいは使ってやろうと思っているのです。

スポンサーリンク

◆梱包に便利な巻きダンボール

 私が、巻きダンボールというものを使うようになったのは、花屋で、枝物・大物を包むときに、とても便利な資材だと知ってからです。
 花展に出品するような方は自分でゴツゴツの流木とか、多少のトゲのある枝などを梱包することもあるかと思いますが、家の中にあるもので包もうとしても、意外にちょうど良い梱包材というのは無いんですよね。普通の家なら、新聞紙や、レジャーシート、ブルーシートくらいでしょう。あとは、古いタオルケットを犠牲にする、くらいの方法になると思います。
 私は一度、トゲトゲ素材を、ダンボールを切り貼りしたもので梱包して運搬したことがありますが、そうすると、シート状のもので包むよりも、だいぶモノとして巨大化してしてしまい、丈夫なのはありがたかったですけど、大きさの面で苦労させられた経験があります。

 だったら、ダンボールの丈夫さと、シートのコンパクト性と、両方を兼ね備えたものは無いのか?……巻きダンボールがあるじゃないか!ということになったわけです。


◆巻きダンボールは、二層構造

  巻きダンボールは、「片面ダンボール」という名称で呼ばれることもあるそうです。
 通常のダンボールは、「波状シートの両面を、平らなシートが挟む三層構造」ですが、巻きダンボール=片面ダンボールは、「波状シートの片面にだけ平らなシートがついた二層構造」です。クルクル巻ける柔軟性のために、そのような構造になっています。
 そのため、通常のダンボールと比べると、丈夫さでは劣ります。しかし、新聞紙やブルーシートと比べると、はるかに厚みがあって、クッション性もあるのです。
 そして、細かいことですが、巻きダンボールは張りがあるので、一人で広げたり巻いたりするのが、新聞紙やブルーシートよりやりやすいです。(一人で扱い易いという要素は、助手の入場を認められないタイプの花展会場で役に立つということです)

◆まだまだある、巻きダンボールを使うメリット

 更に巻きダンボールを使うメリットを挙げると、
  • 多少嵩はあるけど、軽い
  • 燃えるゴミに捨てられる
  • 巻きダンボールとガムテがあれば、それだけで宅配荷物が作れる(花展の作品搬出の際に、箱を持ち込まなくても宅配便手配ができる)
  • 寒さ避けになる(吹きさらしの花屋の裏で休憩するときに役立つ!)
などがあります。最後の「寒さ避け」は、非常に悲しいメリットですが、巻きダンボールと新聞紙があれば、東京の寒さくらいならそこそこ対抗できます(北国はやめた方がいいと思う)。

◆巻きダンボールをゲットするなら、空気を読め!

 私は、巻きダンボールを、花屋さんからゲットしてきます。「ちょうだい」と言ってもらってくるのですが、「ちょうだい」を言うには空気を読む必要があります。
 なんと、花屋さんも、巻きダンボールを貴重資材と考えて、「取っておこう」と思っていることが多いからです。花屋さんなら、ほとんどの方が賛成してくれると思いますが、茶紙と巻きダンボールは、取っておくとホントに便利に使えるのです。

 しかも、巻きダンボールは、大抵の花屋さんでは「入荷した品の梱包品だったものを、はがして取っといて業務に流用」という使い方をしているはずです。巻きダンボールを資材として購入している花屋さんは、私は見たことがありません。花屋さんにとっても、わざわざロールで買うものではないのです。

 なので、「大事に取っとこう♪」と思っているかもしれないものを、「ちょうだい」と言うには、
「そろそろ、巻きダンボールの在庫がダブついてきた」
「あ、あっち持って行くということは捨てるつもりかな」
「ゴミにするなら、私が貰ってもいいよね」
くらいの状況は読まねばなりません。

 いや、空気を読み間違ったところで、
「これは要るのでダメ。また今度あげるね」
と言われるだけなので、別に怒られるわけじゃないんですけどね。

☆5mくらいのロールも売ってはいます(貰えるうちは買わないだろうな……)
巻きダンボール 1000mm×5m


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.