◆プロ用の割りに、素人にも簡単に使える……シリンダー

 網状のプラスチックを、シリンダー型に形作った花留めです。筒のサイズが長いものと短いものがあり、ボール型に作ったものもあります。軟らかいプラスチックなので、鋏で容易に切れます。
 プロ用の資材として出回るようになり、現在でも主な扱い店は花の資材屋です。

◎名称

 シリンダー型のものは、「シリンダー」と呼んでいますが、正式には「シリンダーアシスト」といいます。球形のものは、「ボールアシスト」といいますが、この名前はあまり浸透しておらず、「シリンダーの丸いやつ」などと言ったりします(「シリンダーの丸いやつ」で通用してしまいます)。

◎買える場所

◎値段

 500〜1,200円くらい。サイズ・形状によって異なります。

◎簡単に買えるのか?

 花の資材屋に行く機会がある人は、簡単に買えます。そうでない人は、ネットが便利です。

◎簡単に使えるのか?

 プロ用の道具として売っていますが、ワイヤー花留めや、プラスチック花留めと同様、引っかかりどころを作ってくれるツールとして簡単に使えます。器の入れ込んでしまっても良いし、器の口からはみ出して見えていても大丈夫です。色・形・サイズが選べるので、手持ちの花器とあわせやすいものを一本持っておくと、便利に使えます。

◎何回も使える?

 何回も使えます。かなり長く使えると思いますが、汚れがたまったり、素材が劣化したりしますので、剣山ほどの耐久性は無いです。

◎管理人はどうしているの?

 私は、発売された頃から注目しており、機会があったら買おうと思っているのですが、なぜか良い機会が無く、今でも入手していません。
 花留めとして使うのはもちろんですが、大作の仕掛けに使えるのではないかと、かねてから思っています。軽い素材ですので、高い位置に仕掛けを作るのにも活用できそうです。


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.