◆素人も玄人も使い易い「ワイヤー花留め」

 ワイヤーをひねって引っかかりどころを作った花留めは、見えてもいいし、それ自体の面白さで楽しく飾れる優秀なツールです。

◎名称

 単に「花留め」と言ったり、「ワイヤー花留め」などと言いますが、多分、正式名称は無いのだと思います。

◎買わなくても、自分で簡単に作ることもできる

 ワイヤー花留めは、見ての通り、ワイヤーをクルクルまとめたり、曲線に作ったりしただけのものです。
 ということは、見た目がきれいで、ある程度の強度があるクラフトワイヤーを入手すれば、自分でも簡単に作れます。あまり、センスや手先の器用さも必要でなく、「ぐしゃぐしゃっ」とやればできますので、誰でもできるレベルのものです。それに、自分で作れば、売っているものより、格段に安いお値段で手に入れることができます。
 最近のクラフトワイヤーは、赤とか緑とか、色々な色がありますので(ワイヤーに、ビニールチューブをかぶせたものなどもあります)色で楽しむこともできます。

 また、完全に器の中に入れ込んで、外から見えないように使うなら、「見た目がきれいなワイヤー」を使う必要はありません。針金ハンガーを丸めて入れたっていいのです。
 引っかかりにさえなればいいのなら、金網を入れても同じように使えます。

◎買える場所

 上の項には、「買わなくても作れる」と書きましたし、私としてはそっちの方がおすすめなのですが、一応買える場所を紹介してみますと……
  • 花の資材屋
  • インテリア雑貨店などで、フラワーベースの類の扱いが多い店
  • ネット(「ワイヤー 花留」などで検索してみて)

◎値段

 材質、ワイヤーの量により異なりますが、100円〜1,000円くらいの間です。1,000円を超えるものは、ものすごく繊細で美的な作りだとか、それ自体の装飾性が高いものだと思います。

◎簡単に買えるのか?

 上記の「買える場所」を、こまめにチェックするか、それが面倒ならネットがいいと思います。
 しかし、ネットで検索すると、フラワー愛好家の方の、「自分でワイヤーの花留めを作りました」みたいなブログが結構ヒットしてくると思うので、多分「やっぱり自分で作るか」という気持ちになる可能性大だと思います。

◎簡単に使えるのか?

 便利な「花の引っかかりどころ」として、気軽に使えます。特別なスキルも必要ありません
 本気でいけばな作品に導入しようとすると、材質や強度、フォルムの吟味などが大変ですが、家庭で花瓶に花を飾るときの補助具にするだけなら、ただただ便利な道具です。

◎何回も使える?

 もちろん、何回も使えます。材質によっては、見た目の劣化が早いかもしれません。

◎管理人はどうしているの?

 私は、既製品のワイヤー花留めは持っていません。しかし、こういうもの→ワイヤー 番線 を使って、自分で花留めを作ることはよくあります。非常に便利に使っています。



Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.