◆超簡易で簡単な、「穴あき花留め」

 陶器や、ガラス、木炭などに穴をあけた、ごく簡易的な花留めです。穴がポコポコ開いている形は、それ自体面白かったり、美しかったりすることが多く、隠す必要が無いものがほとんどです。ガラス製のものなどは、かなり装飾的に仕上げてあるものもあります。
 また、花留単体ではなく、ミニ花器の中に、「作りつけ」の状態で穴あき花留めがセットされているものもあります。

 穴に花を挿しこむだけで、誰がどうやっても花は立つので、素人さんが何も考えずに花をセットするのに向いています。

◎名称

 単に「花留め」ということが多いです。(正式名称というものは無いのかもしれません)

◎穴あき花留めは、花器とセットであることが多い

 穴あき花留めは、「見せる花留め」であることが多いからか、しばしば相性の良い花器とセット売りされます。
 たとえば、下の画像のようなセットです。

 単体で販売されるより、セット売りの方が多いくらいだと思います。これは、穴あき花留めが、「簡易ツール」であることの現れでしょう。「花留め」として、独立したツールというよりも、器のほうを「簡単に花を挿せる機能付きの器」として売るためのオプションみたいなものなのです。
 その証拠に、花のプロで穴あき花留めの愛用者はほとんどいません。これこそは、素人のためのツールと言えると思います。

スポンサーリンク

◎買える場所

  • インテリア雑貨店などで、ミニ花器の扱いが多いような店
  • ネット(名称が固定されていないので、探すのは意外に難しいです。ミニ花器で検索する方が早いかもしれません)
(焼物の産地の土産物店などでは、よく「花留め付き花器」が売っています。また、100均のミニ花器にも、「花留め付き」が見られます)

◎値段

 材質、大きさにより、かなり異なります。100円程度から、5,000円クラスまであります。(5,000円もするようなものとは、クリスタルガラス製とか、有田焼とか、装飾性が高く、そこそこ大きさもあるような商品です)

◎簡単に買えるのか?

 珍しいものではないのに、いざ探して買おうとすると、かえって見つけるのが難しいところがあります。花器付きでも何でもいいなら、とりあえず100均に行ってみるのがいいかもしれません。

◎簡単に使えるのか?

 何のスキルも必要ありません。幼稚園生でも使えると思います。
 ただ挿すだけですので、ワンパターンの使い方しかできない傾向が強く、花を扱うのが好きな人は、物足りなくなることが多いです。

◎何回も使える?

 もちろん、何回も使えます。

◎管理人はどうしているの?

 私は、現在は持っていません。しかし、過去には持っていました。人様からいただいた、ミニ花器に入っていたものを、草花をほんのちょっと固定したいときに使ったりしていましたが、セットだった花器を割ってしまったときに、一緒に処分したように思います(記憶が無いのですが、見当たらないので捨てたものと思われます)。
 私にとっては、あまり積極的に買いたくなるようなツールではないのですが、たまに、ガラス製の美麗な穴あき花留めを見ると、心動くときがあります。そういうものをゲットした場合には、「花留めをどう見せるか」を主とした作品など考えて楽しむと思います。


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.