◆いけばなの花留め……七宝

 剣山ほどの知名度はありませんが、七宝は、いけばなの花留めとしてよく使われるものです。あまり一般的な花留めではありませんが、私は、むしろ素人さんには剣山よりも使い易いように感じることもあります。

スポンサーリンク

◎名称

 「七宝」。「しっぽう」と読みます。家紋にも「七宝」というのがありますが、その形をしています。私の流派=草月流は、七宝を使わないので、私は七宝の来歴みたいなものには詳しくないのですが、多分、紋の七宝を模ったのだろうと思います。

◎七宝の種類・しくみ

 七宝には、一ツ輪、二ツ輪、三ツ輪があります。単純に輪っかの数が異なるもので、要するに、下の画像のようになります。(左から、一ツ輪、二ツ輪、三ツ輪)

 あるいは、大作用に「六ツ輪」などというものもあるのかもしれませんが、私は「三ツ輪」までしか見たことがありません。

 七宝は、上の画像を見れば分かると思いますが、器の中に置くことのできて、花の軸を突っ込んで留めるための「仕切り」なのです。使い方は、素人さんにとっては、剣山の方が話しが早くて簡単なのですが、ちょっと器用な人とか、「剣山みたいにがっちりホールドしてくれなくても、ちょっと引っかかりになってくれればいい」と思っている人には、見えてもいい分だけ七宝の方が気楽に使えます。

 また、七宝に剣山の機能をプラスしたものもあります。大抵、剣山部分は取り外しできるようになっていて、必要に応じて装着できます。
 ↓画像で見てもらったほうが早いですね。

 ここまで来ると、特別なスキルは無くても、利用することはできます。プロのようにはいかなくても、家庭で留まりにくい花がちょっと留まれば、それは「役に立つ」と言えると思います。

◎買える場所

 あまり、その辺で気軽に売っているようなものではありません。いけばな道具の専門店に行く機会が無い方は、ネットが便利だと思います。

◎値段

 七宝は、一般的な道具ではありませんので、あまり安くは売っていません。一ツ輪でも、千円くらいします。しかし、手にとってみるとずっしりと重く、「なるほど、100円程度では買えないものだな」ということが分かると思います。

◎簡単に買えるのか?

 以前は、いけばな専門店や、各流の展覧会場の出店でないと買いにくいものでしたが、最近はネットで買えますので、いまや「簡単に買える」と言えるものになりました。

◎簡単に使えるのか?

 剣山と比べると、難しいと言えます。しかし、うるさい型だの法則だのが関係ない素人さんなら、むしろいけばな流派の門弟よりも自由に伸び伸び使える道具です。七宝は、いけばな的には水盤に使うものなのですが、素人なら、花瓶の底に沈めて使ってもいいわけです。
 七宝の使い方は、「仕切り部分に花を埋め込んで留める」のがすべてです。それに違和感を覚える方は、手を出さない方がいいですね。

◎何回も使える?

 もちろん、何回でも使えます。一つ買ったら一生ものですし、なんなら親子三代くらいに渡って使えます。剣山のように、針がなまることが無いので、剣山よりももっと寿命の長い道具です。

◎管理人はどうしているの?

 私は、七宝になじみが無い流派の門弟なので、実は一つも所有していません。
 しかし、展覧会作品の製作などで、「剣山よりも、七宝の方が使い易い状況」ができれば、すぐに七宝を買うと思います。一度買ってしまえば、気楽に使い始めるでしょうね。私は、剣山を使うのが面倒なほうで、すぐに剣山を使わないものに走ります。そういう人間からすると、七宝の方が適当な気持ちでも使えそうでいいなあ、と思えることがあります。
 いずれ、購入することがあれば、管理人の花道具公開のコーナーに登場するでしょう。


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.