◆磁石セット

 人様からいただいた磁石のセットです。「何かのオマケで貰ったものだけど、あなたなら面白く使ってくれそうだからあげる」と言ってくださったものです。「面白く使う」とは、「いけばなに面白く使う」という意味で言われたものと解釈しています。

磁石セット

 上の画像では、磁石っぽく見えないかもしれません。これは、本当は文房具のカテゴリの商品でして、「カードスタンド」だと書いてありました。
↓実はこのような形にするのが、正しい姿です。

 カードスタンドとしても、随分変わった形のものだと思います。いわゆる、「面白雑貨」みたいなものなのでしょうね。
 缶の中に、磁石の付いたパーツが入っていまして、リングとピンみたいな細いやつをくっつけ合わせて上のような形になります。ピンの先の出っ張った部分も、小さいながら別パーツです。肝心の「カード」は、磁石でくっついているパーツのどこにでも、好きなように挟め、ということらしいです。ちなみに、細いピンみたいな部分の先にメモ紙を挟んでも、紙が落ちたり、ピンが倒れたりしてきませんので、よほど強力な磁石なのでしょう。

スポンサーリンク

 で、本当はこれを、何かいけばなに利用して、「こんな風に使ったよ」という画像とともに記事アップするのが私の予定でした。
 しかし、1年以上たってもふさわしい使い道が見つからないので、フライングでアップしてしまいます。
 いや、これがね、「磁石作品を創れ」みたいなテーマでも与えられたら、無理にでも作品になるんですけど、普段は「磁石ありき」で生けたりしないので、都合よく作れなかったんですよね……。でも、何かの役にたつことは、今後あり得ると思います。
 まあ、こんなことを考えてはみた、というところを解説してみましょう。


 まず、一番使えそうなのが、このメインのリングたちです。

 現状では、ピカピカできれいなので、見えても良い使い方ができます。

 この輪っか全体が磁石なのではなくて……


この、丸い部分だけが磁石です。



↓なんか……磁石関係なく、これ自体で素材にするのもアリかも。



 何かに磁石をくっつけて使うなら、幸か不幸か、私の道具部屋には鉄花器がたくさんあるので、それと一緒に使ってみる方向を考えてみるとしましょう。

 まず、鉄のポールにくっつけてみました。

 何かの引っ掛けどころを即席で作りたいようなときには便利かも。

↓ちょっと、磁石をひねってみた……。

 がっちりくっついているから、どんな角度にしても大丈夫です。画像でくっつき強度をお伝えできないのが残念なほどガシッと付いています。

 もっと花器らしい花器にもくっつけてみましょう。

 赤い鉄投入れにくっつけてみました。赤との相性も悪くありません。

 中に入れるっていう手もありますね。

 誰ですか、「おー、十文字留めの代わりになる!」と思った人は? 正しい華道家はそんなことを考えちゃいけません。真っ当な花作品の留めをこれで済まそうというのは、いかにも姑息な気がする。
 でも、技術を追求しなくて良い素人さんは、こういうので楽しく生けても良いと思います。また、玄人でも、特殊な場面での最後の手段みたいなものに使うのは、許されることもあるように思います。でもさ……いけばなの型をこれに頼って生けるのは、やめましょうよね。悲しすぎます。

 最後は、私が「これを何とかできないか……」と思っている使い方の画像で締めたいと思います。
↓これ、すごくない?

 一番小さい輪のところに花やドライ素材を引っ掛けて実験しましたが、溶接したみたいにビクともしません。

 こうやって、無責任に使い道を考えているときというのは、本当に楽しいです。ついに、この磁石のベストな使い道を発見できなかったとしても、モノに可能性を見出していく訓練くらいにはなっているはずです。


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.