◆華道用 花袋

花袋,華道

 画像の花袋は、草月の売店で売っているものです。
 「花袋」というのは、いけばなの花材を持ち運ぶための専用袋です。大抵、布製か、ビニール製で、縦に細長い袋で、袋の途中をひっくくるひも状のものが付いていることが多いです。
 いけばなを習い始めて間もない人の中には、「花袋に入れた花材を持ち歩いているときが、一番いけばなを習っていることを実感する」という声まで聞かれるいかにもいけばな教室っぽいアイテムです。

 画像の花袋は、草月公式花袋ですが、何も、草月門弟は、全員これをもっていないといけないというものでもありません。
 はさみや、剣山と同じように、デパートや、ハンドクラフト店(ハンズとか)や、町の花屋さんで買ったような、「特にどこのブランドでもない花袋」を使ってもOKですし、器用な方は、自分で手づくりしても良いと思います。私も実際に、人に作っていただいた花袋を持っています。

◆花袋にも、色々ある

 花袋というのは、「要するに、枝など入れられる縦長の袋」でして、一見するとどれも同じような袋に見えますが、実は商品によって、意外に細かい仕様の違いがあります。

 一番小さくてシンプルなのは、70cm×20cmくらいの防水布の袋に、小さな持ち手が付いているようなもので、数百円から買えます。ごく一般的なお稽古花を生けているうちは、この手の花袋でまず問題はありません。

 初心者の方で、どんな花袋を買おうかと迷っている方は、数百円〜2,000円くらいのもので、自分の好きな色で、取っ手の位置が使いやすそうなものを選べば良いと思います。(実際には、取っ手はあまり活用せず、袋の本体を抱えて歩くことになる可能性が高いですけど)

Easy Flower bag (イージーフラワーバッグ)花袋
【花袋】フラワーバッグ(ナイロン製)手提げ形

◆いつか、「大きい花袋」が欲しくなる日が来る

 上の項で書いたような、小さくてシンプルで安価な花袋は、少し本格的に習い始めて、巨大蔓を使ってみたり、変わった形のものを使ってみたりするようになると、徐々に役不足になってきます。

 そうなってくると、やがて一番上に貼った画像のような、大型の花袋が欲しくなってきます。
 画像の花袋は、草月で売っている花袋の中で一番大きいもので(買った時点では「最大」でした)、たしか3,000円以上したはずです。サイズ「大」と、「小」があり、大は小を兼ねるの理論で、私は「大」を買いました。「大」の寸法は、83cm×35cmです。

 大きいとはいえ、3000円以上って高すぎないか!とお思いかもしれませんが(私も最初はそう思った一人ですが)、非常に耐久性に優れていまして、かなり激しい使い方をする私が20年ほども使えていますから、必要があって買う人ならば元は取れます。金額が高い理由は、どうやら材質にあるようで、聞いた話によるとパラシュート生地なのだそうです。「強度」を重視して選ばれた生地なのでしょうか?

◆私の「サイズ大 花袋」の細部をご覧あれ

 花袋というのは、ただただ花材を入れるだけの袋ですが、結構色んな工夫がされていますので、その画像を出してみます。(花袋を手作りしようと考えておられる方も、ぜひご参考に)

 下のように、口のところがファスナーでガバッと開くようになっています。変な形の枝や蔓を入れたりするときや、パンパンに花材を詰め込むときに役立ちます。
花袋,華道

 この花袋は、肩掛け式です。ここまで長いバッグになると、上の方に持ち手をつけてもどうしようもないので、こうなったのでしょうね。
花袋,華道
 せっかくショルダー式になっているのに、私はこれを肩にかけないことが多いです。私のデフォルトは「腕で抱え持ち」です。花屋業務が長いので、そうなってしまったのだと思います。
 また、肩にかけるときも、「花材を背中側に背負う」のではなく、「花材を前にして抱える」ようにします。これは、普段は「背負い持ち」の人にも、電車の中などではおすすめしたい持ち方です。電車の中で、リュックを前に持つのと同じことです。

 幅の大きい花袋では、「ひっくくる紐」の存在が、なかなか大きいです。
花袋,華道

 30cm以上も幅のある袋は、口が「べらーーん」としてしまうことがあるので、このように縛って花材と袋を固定します。
花袋,華道
 小さな花袋だと、紐は上部にしか付いていないことも多いのですが、大型の花袋には、大抵上下に紐が付いています。
↓両方縛って、こんな感じに仕上げます。(ちなみに、花袋の中にはキウイ蔓が入っています)
花袋,華道
 花袋の口から見えているのは新聞紙ですが……実は私は、「花合羽」を使いません。

==花合羽を知らない人のための解説==
 花合羽とは、花材を包むための専用シートです。
↓こういうものです。
花合羽 大判 (華道具・生け花用品)
===================

 以前は花合羽も持っていたのですが、結局いつも、花合羽だけでは大きさが足りずに、上を新聞紙で包みなおすハメになるので、ある日「……要らなくない?」ということになりました。なので、どんな稽古に行くときも、私は花袋しか持ちません。
 そして、いけばなの初心者さんは、上の画像に注目ください。
 花袋から見えているのは、新聞紙のみで、中身のキウイ蔓は見えていませんね? これが、正しい花材の持ち運び方です。
 花材は、上までしっかり包む! 植物の持ち運び方の基本です。よく、駅とか、街中で、花袋から花が顔を出し、何を生けてきたか一目で分かるような方がいますが……あれは失格です! 明らかにトーシローです。初心者のうちにこれを知っておかないと、「トーシロ風なベテラン」になってしまいますよ。舐められたくなかったら、上まできちんと包みましょう。


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.