◆剣山各種

 私は、一応いけばなの先生でもあるので、わが家にはある程度の数と種類の剣山がそろっています。
 私が一番よく使うのは、上の画像のような角剣山です。

 私がよく使うからか、うちのお弟子さんたちも、角剣山を好むようです。しかし、稽古場によっては、丸剣山を主に使い、角剣山はあまり使わない、というところもあります。
 上の画像のうち、左の剣山だけ妙に色が黒いですが、これは使い古して汚れたわけではありません。黒いスプレーで着色して、わざわざ「黒剣山」にしたのです。
 「黒剣山」を作った理由は、展覧会で、黒い器の中に入れて使ったときに、器の色に溶け込むように、色を染めたからです。剣山は、丸見えで使うのはNGでして(剣山を隠す理由は、こちらの記事⇒鉄花留め でも解説しています)、普通は隠すものです。花材で隠すとか、小石やビー玉を敷いて隠すとか、色々方法はありますが、「器の色に染めてしまう」というのもその中の一つです。いわば、カメレオン作戦ですね。(ただし、色をつけてしまうと、後々ほかの色の器に入れるときに苦労したりすることもあります)

 私が角剣山を好む理由は、自分が初心者だったときに通っていた教室が「角主流」だったことと、「角剣山であれば、押さえがほとんど不要」だからです。
 「押さえ」とは、剣山が、花材の重さで傾きそうなときに、傾く側の反対に重しとして伏せて使う状態を指します。
↓こういう状態です。

 お稽古用の丸剣山は、このような「押さえ」が必要になることがほとんどです。しかし、重めの角剣山であれば、「押さえ」が必要なことはあまりありません。

 だから私は「角派」なのですが、「丸好き、角嫌い」という人は多いです。どっちかと言えば、「丸好き」の方が主流だと思います。理由は、「挿し口が、きれいな正三角形に取れて、きゅっとしまる」というところだと思います。角剣山は、剣山の面積を目一杯使うと、間延びした印象になることがあります。

 というわけで、草月流のお稽古場で最も良く見かける剣山はこちらです。
↓ ↓ ↓

 これは、「日月(じつげつ)」という名でセット売りされています。(私は、密かに「このネーミング・センスは天才的だ」と思っております)ちなみに、丸剣山は単体で買えますが、「月型」の剣山は必ずセットでしか買えません。草月の売店だけでなく、どこのショップでも「月型のみ」は無いようです。

 うちには、ほかにもこのような形の剣山があります。
↓小判型。


↓三角形。

 画像の「新品具合」で分かるかもしれませんが、私はこのような形の剣山はほとんど活用していません。丸と角で、大抵の用は足りてしまいます。

 ほとんど使わないのに、なぜか数がそろっているものに、「豆剣山」があります。
↓ほら、こんなにあります。

 正直、標準の大きさのいけばなには、ほとんど役に立ちません。なのに、なぜ持っているのかというと、うちにある豆剣山の多くは、「もらい物のミニ花器の付属品」なのです。
 長いこといけばなを習っていると、人様からプレゼントや旅行先のお土産などで、テーブルの上に置けるような、小さな花器を頂戴することが増えたりします。そういう花器の中には、剣山が入っていることがあるもので、花器は花器置き場に、剣山は剣山置き場に収納すると、ミニ花器から引き離されたミニ剣山が増えていきます。私は、ミニサイズの花器には、剣山など使わずに生けてしまうことが多いので、「本来の相棒たち」は、二度と逢えずに引き裂かれてしまう可能性の方が高いのです。それなら、ミニ剣山は捨てちゃってもいいのかもしれませんが、なにぶん商売道具の一つなので、「何かの役に立つかもしれない」と思って、つい仕舞いこんでしまい、上の画像のようにいたずらにミニ剣山が増えていきます。

 でも、自分で買った豆剣山もあるんですよ。

↑草月の豆剣山は、こんな箱に入って売っています。

剣山 大丸 φ84×21mm
剣山 大々角 97×72×23mm



Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.