◆ドリルドライバー

ryobi ドリルドライバー

 充電式コードレスのドリルドライバーです。4000円弱で買った、安いものです。このドリルドライバーは、詳しくない人が見ると、「プロ仕様?」と思うようですが、少しでも電動工具に明るい人が見れば、「超お手軽工具だね」と、バカにされる程度のものです。
 このドライバーのメーカーは、RYOBI=リョービというのですが、人によっては「リョービ」と聞いた時点でバカにします。

スポンサーリンク

 しかし、私としては、1万円以上もするインパクトドライバーなんか、買っても仕方ないんです(工具としては、そっちの方が使えるし、寿命も長いことは重々分かっています)。使用頻度が低いですし、私が相手にするのは流木や太い枝なので、コンクリをガンガン削っていくパワーのあるようなやつは、基本的には要りません。可能性としては、いずれそういう「固い素材」を相手にしたくなることもあるかもしれませんが、そのために今からインパクトを買っておく気などは、サラサラありません。

 「じゃあ、金槌で釘を打てばいいんじゃないか? そのほうが4000円浮いたろうに」と思われる方がいるかもしれません。
 しかし、釘打ちには、撤去がしにくいという大きなデメリットがあります。日曜大工と違い、多くのいけばな作品は、「数日後に撤去する」ことが大前提です。よって、スピーディーに解体できるビス打ちの方が、釘打ちよりも便利なのです。電動ドライバーなら、打ったときと逆回転で、ビスが抜けますからね。釘を抜くのはえらい大変です。(関連記事=管理人の花道具公開:ビス
※いけばな仕事のために、ドリルドライバーを買おうと思っておられる方は、「逆回転」ができる機種かどうか、必ず確かめたほうがいいですよ。出来なかったら、買ってもほぼ無意味です。


 私の持っているドリルドライバーは、こんなケースに入っています。

 ケースごと持ち歩いたことは一度も無く、いつもカバンにドライバーをむき出しで入れてます(ガサツですんません)。

 ケースを開けると、こんなことになってます。

 ビット(ドリルドライバーの先に付ける部品)がずらっとそろっています。自分でビットを買い揃えるのが面倒だったので、こんなものを買いましたが、「木にビスを打つ、そしてそれを抜く」というほぼ単一の目的にしか使わないので、大半のビットは実際には不要です。日曜大工で、いろんなことをやりたい人には、そろっているのが良いのでしょうね。

 私は、こういうことにしか使いません。単純です。


 なので、こんなビット↓は何の役に立つのかもよく分かりません。

 なにか……磨くのかな?

 私は、マイナスとプラスのドライバーだけでも、ほぼ大丈夫なのです。
↓これは、マイナスドライバー。


 でも、一応ドリルはあると心強い。ビスがダイレクトに入っていかない素材には、ドリルで下穴を開けたほうが良いときがあるので。


↓このドリルドライバーを回すには、このようにします。

 銃の引き金を引くみたいに、人差し指で黒い部分をぐっと引きます。
 実際に、黒い部分は「トリガー」(=引き金)といいます。つまり、私は「何度も引き金を引いたことがある」わけですね。ああ、「撃鉄を起こした」ことは無いですよ。

 このような、ドリルドライバーは、割と簡単にその辺で売っています。
 ホームセンターには絶対にありますし、「ホームセンターもどき」みたいな小さいお店にもあります。そして、たしかドンキなどの激安店にもあります。

【参考】RYOBIの充電式電動ドリルドライバー12v


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.