◆ゴミすくい

ゴミすくい

 100円ショップで買いました。本来の使い道は、お風呂などに浮いたゴミをすくうものです。これは、花展用の道具としてはかなり定番でして(メーカーさんはそんなことは全くご存じないと思いますが)、大きく水面を見せる水盤などに生けるときに、水の表面に浮かぶゴミをすくって捨てるときに使います。

スポンサーリンク

◇花器の水のゴミをすくいます

 水の表面のゴミをすくうには、台所で使う「あくとり」を使う人もいるのですが、私は、
  • ネット面が大きいので、一度に広い面のゴミをすくえる
  • ネットの目が「あくとり」よりも細かい
  • 中央にゴムがかかっていて、ゴミを落とすのが簡単
 という理由により、「あくとり派」ではなくて「ゴミすくい派」です。

 水盤に使う、と言うと、「普段のお稽古花で、そんな面倒なことをするのか?」と思われるかもしれませんが、家庭でいけるような小さな水盤には、ゴミすくいをかけるようなことは普通はしません。花展などの展示用や、このくらいのクラス⇒鉄角水盤 の大きな水盤を使うときに、水面が汚いと見る人が興ざめするものですから、目に見えるようなゴミを取り除くために使うものです。特に、水面を大きく見せて、水面の美しさで勝負するような作品には必須の作業です。

◇ゴミすくいは、花展でよく使われる

 草月展のいけこみなどでは、水面を見せる作品を作る人は、絶対に「ゴミすくい用品」を持って行きます。素人さんには、
「水面のゴミなんて、そんなに目立つのだろうか」
と思われるかもしれませんが、これが思いのほか目立つのです。

 水面に浮いてくるゴミというのは、
@水盤にもともと付いていたゴミ
A花材から出る木の皮や花粉など
B水の上に落ちてきたほこり

が主となります。実は、一番やっかいで、一番目立つ代物がBのほこりなのです。特に、デパート花展のほこり、ホテルのロビーのほこりは強力です。人の行き来が激しい場所ほど、ほこりが多いです。

 ほこりというやつは、
  • 生け手が注意を払おうが、払うまいが落ちてくる(スキルで回避できない)
  • 「降り止む」ことがない
  • 軽いので水面に浮き、ライトで光る(つまり、一見して存在が明らか)
↑のような点がやっかいなんです。巨大水盤を使うような作品は、朝の手入れの時間には、ゴミすくいを持った人が3〜4人も取り付いてほこりをすくっている光景が見られます。

 この「100円のゴミすくい」というものは、いつから流通していたのでしょう? 私が使うようになったのは、100円ショップというものが、街中に多数存在するようになってからのような気がします。
 その前の時代には、手製の「ゴミ取りネット」を使っていました(今でも、人によってはこれを使っています)。先輩に作り方を教えてもらって作ったのですが、針金ハンガーを縦にぎゅーっと伸ばしてしまって、ひし形みたいな形にして、そこにストッキングをかぶせて作るものです。これを、最初に考案した人はエライと思います。


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.