◆100円ゴミ箱

ゴミ箱

 ←ダイソーで買ったゴミ箱です。もちろん100円。
 こういうものが、意外に花仕事に使えたりします。

 これは、もともとは、花バケツにするつもりで買いました。
 花屋さんの使うバケツって、大きく分けると、ステン缶とプラバケツの二種類に分かれます。
 業務用の花バケツというものは、結構いいお値段なんです。(何も知らなかった若い頃、花屋のステン缶を10本くらい買って展覧会作品でも作ってみようかと思ったら、あまりに高いお値段だったので驚いてやめたことがあります)
 なので、本物の花バケツじゃないもので、それの代用ができるものは無いかと探したら、画像のようなプラスチックのゴミ箱に出会いました。

スポンサーリンク

 私は、今のところ花屋を開業しようという予定は無いので、自分で使う範囲の花材が入るバケツとして機能してくれれば、100円ショップのものでも十分です。
 本物の花屋バケツに比べると、ちょっと軽くて、もろいですが、100円なんだからしょうがないですよね。それに、ヘンに頭の重い花材とか入れなきゃいいんですから、分かってて使う分には問題ありません。

 私は、これをなかなか便利に使っていまして、うちには二個あります。

ごみ箱

 花材を水につける意外にも、和紙でラッピングしてしまってアレンジポットにしたり、別の素材とか、器の中に仕込んで「落とし」にしたり、細かい道具を入れて運んだり、花器の水抜き用のバケツにしたり、とにかく使えることには何でも使います。
 現場から持って帰るときなんかには、「割れてもぜんぜんかまわん(100円だし)」と思って、狭いところに押し込んだり、重いものを乗せちゃったりしていますが、今のところ無傷です。
 この物自体をきれいに見せようとする使い方はしないので、ごく適当に扱っています。
 そのうち、本来の使い道である「ゴミ箱」に回してしまう日も来るかもしれません。

 本物の花屋バケツと比べて不便だと思うことは、「椅子にできない」「踏み台にできない」の二点ですね。多分、ひびが入ってしまうのではないでしょうか。
 花屋さんの裏に行くと、休憩中の花屋さんが、花バケツに座っているということがよくあります。花屋さんで使っている、ちょっと口が外に開いた「菊バケツ」というやつは、男の人の体重にも耐えうるので、椅子を置く余裕の無い店では、当然のように椅子代わりに使われます。逆さにして座るんじゃなくて、開いた口のところに座るんです。それだと、「中に水が入っていようが座れる」ので、面倒が無くて良いのです。

【関連記事】


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.