◆受け皿(植木鉢用)

受け皿

 ごく一般的な、植木鉢用の受け皿です。これは、卸で買ったか、ホームセンターで買ったかどちらかです。鉢物を納品するときに、サービスで付ける用にまとめ買いしたやつのひとつです。(安い鉢ものを買って、受け皿くらい当然のようにサービスさせるのはやめて欲しいが……)

 私は、最近は自分用に買うのは、ほぼ100円ショップからの調達にしてしまっています。大きさによっては、何枚かまとめて100円で買えます。かなり大型のものも、結構100円で買えますが、そういうものは、薄手のものが多いです。よく、室内で鉢物を持ち上げるときに、鉢本体は持たずに、受け皿を持って持ち上げることがありますが、薄いお皿に、大きな鉢物が乗っている場合は、鉢だけ持つと、重さに耐えられずに「パキッ」といくことがありますので、ご注意ください。

受け皿

 裏は、こんな感じ。何の変哲も無い植木鉢の受け皿です。
 しかし、私にとっては、植木用以外にも、もう一つ使い道があります。それは、フラワーアレンジ用の器にすることです。
 これに、オアシスをセットし、平たいタイプのアレンジを作ります。平たいアレンジ用の、専用のお皿もあるのですが、この植木鉢用でも、十分役割を果たします。(ぶっちゃけ、生けてしまえば分からないです)
 「平たいタイプのアレンジ」というのは、皆さんがよく知っているものでは、結婚式の、新郎新婦の席の前方を飾ってある花とか、記者会見の席の前方を飾る花などです。ホテルや飲食店では、ピアノの上に飾ることもあります。あとは、パーティーのときに、テーブルの中央にあるような花ですね。
 このお皿に、カットしたオアシスを詰め(お皿のふちからオアシスが上に出るようにします)、心配なら専用のテープをかけて固定します。そこに、平べったく花を作っていき、挿す植物を、お皿本体が見えないようにぐっと下げます。最終的に、お皿はまったく見えないようにしますので、お皿をラッピングしておく必要などはありません。

※平たいタイプ用のフラワーアレンジ専用のお皿はこちらで紹介しています⇒アレンジベース


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.