◆ビス

 ビスのセットです。長さの違うビスが、何種類か入っています。
ビス セット

 最初は、100円ショップで買いましたが、中身は色々入れ替わっています。人の作品撤去に同行し、そのときにはずしたビスなども、ここに入れちゃってますので、各ビスの出身地は、もうごちゃごちゃになってます。

 私は、ビスはいけばなにも使いますし、花屋業務でも使います。今までの使用回数で言うと、実はいけばなでの使用の方が、花屋よりもだいぶ多いです。
 いけばなにビスを使うと聞くと、驚く人がたまにいます。しかし、ビスの種類をそろえ、電動ドライバを持っているいけばなの先生は、意外にたくさん存在します。

スポンサーリンク

 いけばなで、もっともビスが多用されるのは、太い木などを使う大作ですね。大きな器に、直径7〜8pもあるような枝ものを立てるときには、剣山などまったく役に立ちません。枝と枝同士をビスを打ってとめるとか、枝を流木に打ち付けてとめるなどの作業が必要なことが多いです。ビスは、竹の止めつけにも使いますし、ボードに素材をとめつけていくような作品にも使います。

 大作に慣れたいけばなの先生が、「釘打ちしましょう」などと言っているとき、ほとんどの場合は「釘」じゃなくて「ビス」を打っています。確かに、材料をとめることは、釘にだってできるのですが、ビスの方が、作業が圧倒的に手軽に、すばやくできます。
 なぜかと言えば、上のほうにもちょっと書きましたが、ビスなら電動ドライバが使えるんです。
 電動ドライバというのは、電動ドリルの先に、プラスかマイナスのドライバパーツを付けて、ガガガガーーっと電動でねじを回してしまえるものです。そして、電動ドライバのすばらしいのは、「打つ」だけでなく、「抜く」こともできるところなんです。
 実際のところ、いけばな作品を「作る」だけなら、釘打ちだけですることもできないわけではありません。しかし、作品を「解体」する段になると、釘では抜くのが面倒でどうにもなりません。ビスならば、電動ドライバの逆回しで、打ったのと同じスピードで抜くことができます。なので、いけばなの大作を作るときに、間違って釘を持っていかないように気をつけましょう。(家庭の工具箱などでは、釘とビスが紛らわしいように入っていることがありますからね!)
 いけばなの世界で有用性に優れたビスは、世の工務店さんなどでも同じ理由で重宝されているようで、ビスと釘の出荷量を比べると、ビスの方が断然多いのだそうです。

 私が一番よく使うのは、この長さです。
↓ ↓ ↓

 長さ40oです。太い枝を刺し通そうとすると、これくらいは必要になってしまいます。

 一番使わないのがこれ。
↓ ↓ ↓

 長さ20oです。あまり太いものには使えませんが、細くても、打ったときに割れたり、崩れたりしないような素材になら使うことができます。あと、太い枝でも、見えないところにこっそり打って、ワイヤーの引っ掛けどころにするようなときには活躍します。

木工用のコーススレッドビスの300本入の袋。WING 木工ビス 3.5×38mm 1袋
コーススレッドの小分け品木ねじ/コーススレッド 25mm〜90mm(20本)



Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.