◆ワイヤー(手巻き)

ワイヤー(手巻き)

 ↑ごちゃごちゃーっとして見えますが、これは柔らかめのワイヤーを、己の手で延々巻いていき、このようなチリチリ状態にまでしてしまったものです。(つまり、こういう状態で売っているものではないです)

スポンサーリンク


 これを作ったのは、下の作品のためです。
↓ ↓ ↓
絵と花で語るエラリー・クイーン
 チリチリワイヤーを、丸く固めて、綿毛とかルリ玉を付けたりして、オブジェ風に作りました。
 この作品をばらした後に、捨てちゃうのはもったいなかったので、また何かに使おうと思って取ってあります。もちろん、元のまっすぐには伸ばせませんので、次に使うときにも、チリチリ状態のまま使うしかありません。

 チリチリワイヤーに、もっと寄ってみましょう。
↓ ↓ ↓

 これを作るのに、実は結構な時間がかかっています。ワイヤーを、鉛筆とかボールペンなどに巻いていって、このようなクルクルを作りました。毎日、少しずつ作っていったので(飽きちゃって、連続ではできなかった‥‥)、「総製作時間」がどのくらいかかったのか本人にも分かりませんが、映画を何本か見られるくらいの時間はかかっていると思います。
 しかし、長いものでも、クルクルと丸めちゃうと、えらく小さくなってしまいますね。このワイヤーは、10mほども使って作りましたが、最終的に直径10数cmのオブジェになりました。
 10mとは言っても、1本の長いワイヤーでできているのではありません。かなり小さなパーツに分かれています。
 一個のパーツは、こんなものです。
↓ ↓ ↓



Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.