◆板

板
 100円ショップで買いました。「日曜大工コーナー」みたいなところにあり、本来は、簡単な棚みたいなものを作る材料のように見えました。(別に「棚」じゃなくても、何でもいいんだと思いますが)

 私はこれを、いけばな作品のために購入しました。作品の素材としてではなく、地板みたいに下に敷くものにしました。
 ある展覧会のために用意したもので、会が終わった後には、家で地板として使うつもりがサラサラ無かったので、100円で済ませてしまったわけです。
 100円の板というのは、さすがに見ると「これは安いなあ」というのが分かります。なので、取ってありますけど、これを家で地板として使う気にはなれません。でも、わざわざ買ったし、木は木なので、何かに使える日が来るまで、スタンバイしてもらっています。 でも、「板」としては、平らじゃないので、使い道があるかどうか怪しいんですよね‥‥。

 平らじゃないというのはつまり、机の上に置いたりすると、ちょっとガタガタするんです。元からそうだったのか、私が適当に保存したためにそうなったのかは不明です。

 上の画像を見て、「この幅で地板はキビシイのでは」と思われる方がいるかもしれません。その感覚、正しいです。
↓二枚あるんでーす。
板

 二枚を、ちょっとずらせて置いて、敷き板にしました。
↓こんな作品です。
板:フランス白粉の謎
↑この作品、私が以前イラストレーターの森脇かおり氏と一緒に開いた二人展で、私の作品の中では、もっとも人気が高かったものです。
 口紅の容器(そうだ、口紅も100円ショップで買ったんだった!)を並べて器にしています。口紅容器が小さいし、たくさんあるので、下に何も無いと、「バラバラ感」が強いんです。作品として、締まって見えるために使いました。
 参考までに、使用花材は、「小豆の芽、マトリカリア」です。


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.