◆ハンノキの実とサンキライで、クリスマスツリーらしきものを目指して作ってみました……その1

 上の画像は、一応クリスマスツリーにするつもりで作ったんですけど、あんましツリーっぽくならなかったな……。単に、「冬の実もののオブジェ」みたいになってしまいました。

 というわけで、成功例とは言えないような感じなんですけど、せっかく作成過程の画像があるので、右の画像の物体がいかにしてできたのかを記事にしてみたいと思います。

 そもそも、ツリーを作ってみようなどと思ったのは、この記事のクリスマスリースで使おうと思っていたサンキライが、デザインの問題から使わないことにしてしまい、突然に「あまりもののサンキライ」が発生してしまったからです。
 リースは二種類も作ってしまったので、何かほかのものを作ろうと思い、素材をいじくっているうちになんとなく「こんな風につくろうかなあ」という作業手順が浮かんできて、そのまま行き当たりばったりに作りました。
 最初からブレなかったのは、「ハンノキの実とサンキライをメインに使う」ということだけで、ほかのことは、ものすごくその場限りの考えで、色々方向転換しながらつくり進めました。

 こんな記事が、誰かの役に立てるものなのかどうか分かりませんが、ナチュラル系手作りクリスマスものに興味のある方には、参考になることもあるかもしれません。

スポンサーリンク

◇使用したもの

 なにぶん、適当に作ったものなので、そのとき家にあるもので作りました。


●白木……付属ブログで紹介しています→白木
●サンキライ……稽古場や、花屋のゴミ箱から拾ってきたもの
●ルリタマアザミ……こちらのページで紹介しています→ルリタマアザミ(ドライ)
●オアシス(給水スポンジ)……変色してしまい、捨てようかと思っていたものを使用

●カッター
●花鋏
●ボンド
●アクリル絵の具(白)

◇最初は、白木を三角錐に組んでツリーにしようと思っていた

 上の「使用したもの」の中には、「オアシス」が入っています。これは、ツリーの円錐形を作るのに使いました。
 しかし、最初に作業を開始したときには、オアシスは材料の中に入っていませんでした。当初の予定としては、白木を切って三角錐に組んでいき、下図のようなものを作ろうとしていました。

 実際に、一度は上の図のような三角錐の作成に取り掛かったのですが、やってみたらめんどくさい上に意外と難しく、開始5分で「これはいかん」ということになりました。
 そこで、なにかツリーの形に簡単に作れそうなものは無いかと道具部屋を探した結果、経年のために変色してしまったオアシスがあるのを引っ張り出し、それを削って作ることにしました。
 無計画に作業をしていると、こういうことになります……。

》》ハンノキの実とサンキライで、クリスマスツリーらしきものを作る その2に続く


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.