◆ハンノキの実とサンキライで、クリスマスツリーらしきものを目指して作ってみました……その4

前の記事の続きです。

◇円錐形の芯に、素材を刺していく……最初に白木を刺す

 上の項の「芯」に素材を挿していきます。素材は、白木と、サンキライを使い、白と赤のツリーにするつもりです。

 白木とサンキライなら、白木を先に挿す方がやりやすいだろうと思い、とりあえず白木を挿す用のパーツに作ります。
↓長さ3〜4cmくらいに細切れにしました。

(この時点では、細かい枝を落とさずにパーツに作りました)

 細切れにしたものを、円錐形にしたオアシスにプスプスと刺していきます。


 二つ上の画像では、パーツについた細い枝を残していましたが、刺してみたら邪魔だったので、切ってしまうことにしました。
↓ ↓ ↓


↓切った細い枝は、とりあえず捨てずに温存します。後々、何かに使えるかもしれないので。

(「捨てることはいつでもできる。取っといて損なし」の精神)

 ひげみたいな細い枝を全部取ったパーツを、どんどん刺していきます。


↓全部刺したら、こんな感じになりました。


》》ハンノキの実とサンキライで、クリスマスツリーらしきものを作る その5へ続く


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.