◆ハンノキの実とサンキライで、クリスマスツリーらしきものを目指して作ってみました……その3

前の記事の続きです。

◇ルリタマアザミをベツレヘムの星にしてみた

 ルリタマアザミは、ベツレヘムの星にするつもりだったので、とりあえずオアシスで作った円錐形のてっぺんに挿してみました。

 星に対して円錐形が大きすぎるようならオアシスを削ろうと思っていましたし、円錐形に対して星が大きすぎるようなら星はやめにしよう、などと思っていましたが、なんとなく大丈夫そうなバランスなので、このまま作り進んでいくことにしました。
 ルリタマアザミは、茎の部分にボンドを付けて挿し込んでいます。
 芯をオアシスにしようと思ったのは、このように気軽に何でも挿していけるからです。

◇芯になるオアシスを、白く塗る

オアシスに、サンキライだのハンノキの実だのをこれから挿していくわけですが、ぎっしり挿しても必ず地のオアシスの色が見えてしまうなと思ったので、あらかじめ白く塗っておくことにしました。

 家にあったアクリル絵の具で、ただただ真っ白に塗りつぶしていきます。

↓少しくらい塗り残しがあってもまあOKとします。

 どうせこの上から、いろんなものをプスプス挿していくのですから。

》》ハンノキの実と、サンキライで、クリスマスツリーらしきものを作る その4に続く


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.