●うどんこ病とは‥‥‥

 バラのかかりやすい病気の一つ。糸状菌の感染による伝染病。
 葉や花、つぼみが白い黴に覆われ、うどん粉をまぶしたように白くなるために、この名がある。(画像は、うどん粉病にかかった葉)
 バラの病気の中では、黒点病と並んで、最もポピュラーなものであり、うどんこ病に泣かされたことの無いバラ・ガーデナーは珍しいだろう。

スポンサーリンク

◆発生しやすい環境・対策

 発病するには、気温17度〜25度程度が最適とされるが、いつでも発病の可能性はあるものと考えて、予防対策をするべきである。(もっとも簡単な予防方法は、予防薬剤を使用すること)
 日当たりと風通しが悪い環境で起こりやすく、多雨の季節には特に発病の可能性が高くなる。

 白く、粉をふいたような状態は、最終的には灰色になり、葉やつぼみを枯らしてしまう。
株全体に「粉ふき状態」が広がった場合には、株ごとダメになる可能性もあるので、注意が必要。
 一度うどんこ病が発生した枝は、次の年にも発生源になる可能性が高いので、切り取ってしまう方が無難である。

 「うどんこ病」は、バラだけでなく、多くの植物のかかる病気だが、バラのうどんこ病は、バラにのみ感染する。
 また、うどんこ病は、植物の表面に発生する病気なので、観察によって必ず発見できる。つまり、日々の観察により、手遅れになるのを防止できる。

「ダコニール」 30ml うどん粉病・黒点病用農薬
殺菌剤 マイローズ 殺菌スプレー 950ml バラ 黒星病 うどんこ病


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.