●モダンローズとは‥‥‥

モダンローズとは

 現代バラのこと。四季咲き大輪のものが多い。

 バラは、大きく分けると、オールドローズモダンロ−ズの2つの分類になる。
 名前のとおりに、モダンローズは、オールドローズよりも後に出て来たものである。 最初に作られたモダンローズは、1867年に、フランスで作出されたラ・フランスという品種であり、それ以前にはモダンローズは存在しなかった。つまり、モダンローズは、登場してまだ150年くらいしか経っていないものである。

◇モダンローズは、いわゆる「普通のバラ」のこと

 モダンローズというと、素人の方は特別な種類のように思う場合があるが、現在、もっとも一般的に見られるバラは、ほとんどモダンローズである。特に、町の花屋さんで花束に作られているものなどは、「ほぼ全部モダンローズ」と言える。

 素人さんに、モダンローズとオールドローズの見かけの違いを説明するなら、「真ん中がつんととがったようなバラは、モダンローズ。お椀のように咲き、芍薬じゃないの?みたいに見えるのがオールドローズ」で、大概OK。(しかし、最近は「オールド風に作ったモダン品種」もあるので、絶対とは言えないが)

↑このような、「普通のバラ」がモダンローズです。


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.