◆器の上手な洗い方

器の上手な洗い方

 花を飾るのは好きだけど、終わった後の始末がめんどくさい、と言う人はかなりいます。実際に、花を抜いた後の花瓶をきれいに洗ってくれる人は、どうやら少ないようです。花瓶の中の水をはたいて、はい終わり!な人が多いらしいですね。

 しかし、慣れれば花瓶洗いくらい、何ということも無い作業なのです。食器洗いは、毎日複数のものを、複数回こなしているわけじゃないですか。一度きちんとするくせをつけると、二度と億劫にはならないものですよ。
 というわけで、器洗いのコツを披露しましょう。

スポンサーリンク

(1)汚れを貯めない

 家の掃除と同じことですね。ちょっと汚れたらすぐに洗っておく。これ、基本です。私は、器の外側は普段は水拭き、たまに水洗い、くらいにしています。内側は、何度か水を替えながら、ぬめりなどが無くなるまで良く洗います。内側の汚れとは、要するに水の汚れですから、飾っている最中にまめに水を入れ替えて、内部をヘドロ状態にしないことも大切です。(夏場、スプレー菊なんぞの水をずーーっと変えず、気づいたら花瓶の中が緑のどろどろ、なんて最悪ですからね。臭いしね!)

(2)口の狭い器を洗うには

 実はこれが一番難しいかも。台所用品として「口の狭い瓶洗い」のようなものが売っているので、入るものならばそれを使えますが、それすらも入らないものの場合を解説しましょう。
 私は、まず水を器に半分くらい入れ、口を押さえてじゃばじゃば振り、それを数回繰り返します。で、せとものの器で、しかも「そんなに中が汚れてはいまい」「そんなに高くない器だ」という場合には、これで洗い終了とします。これを〈レベル1〉としましょう。
 次の段階〈レベル2〉は、「水を入れて振ったくらいでは不十分な汚れと思われる」 場合です。私は、洗剤の入った水でじゃばじゃば振ります。
 更に〈レベル3〉、「中に汚れがはびこっている気がするので、一度徹底的に洗いたい」という場合は、私は漂白剤を入れて数時間放置します。
 ただ、漂白剤がせとものにどう影響するか分からないので、値段が高い陶磁器にはこの方法はとりません。その場合には〈レベル2〉の方法で我慢します。
 〈レベル2〉〈レベル3〉の方法で、ゆすいでも洗剤や漂白剤が中に残り、次に生ける植物に悪いのではないか、という心配は無用です。洗剤も、漂白剤も、生けるときにわざわざ入れる人がいるくらいなのです。どちらも殺菌作用があり、水の汚れを防ぐ働きをしてくれます。

(3)ガラスの器を洗うには

 ガラスは透明なだけに、何としてもきれいに洗い上げたいですね。
 私は、中も外も中性洗剤で洗います。ガラス作家の河上恭一郎氏もそうしていると聞きました。
 少しこびりついているような汚れがあるときは、粗塩を振ってから中性洗剤でこすります。塩をクレンザー代わりにするわけです。(クレンザー使っちゃうと傷がつくことがありますからね)

(4)口の狭いガラスの器を洗うには

 さあ、これこそ一番の難物です。上記のいずれの方法でも中に汚れが残ってしまうときにどうするか?!
 下記の二つに一つしかありません。
◎ 洗いを潔くあきらめる
◎ 狭い口から入れることのできる洗い器具を、例えばワイヤーの先にガーゼをつけるなどして自分で作り、汚れと刺し違えるつもりで勝負を挑む

 ちなみに私は、今まで勝負を挑んだことはありません。あきらめたことならば………あります。ハイ。




Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.