◆ゴールドクレストで作る簡単クリスマスツリー(1)

 管理人が、そのとき家にあるものだけで作った、本物の樹木(ゴールドクレストの鉢使用)に飾り付けしたクリスマスツリーを紹介します。 

◇作業量の少ない、簡単なクリスマスツリーです

 簡単で、作業量の少ないクリスマスツリー作成です。家にあるものだけで作っていますので、管理人自身、オーナメント類に少し不満があったりして、本当は人様にお目にかけるのが、ちょっと恥ずかしいです。もしも、同じような方法でクリスマスツリーのデコレーションをしようと思われるなら、大まかな手順だけ参考にして、デザインは独自にもっとかっこよくなさることをお勧めします。

では、恥ずかしいですが、まずは画像をご覧ください。

 色合いがちょっとアレですよね〜。赤など入れて、もっと華やかにするか、いっそもっと激渋にすれば良かったなと、後になってから思っています。こういう後悔をしたくない方は、「ありあわせ」で作らずに、あらかじめデザインを考えてオーナメントをそろえるのがよろしいです。(でも、クリスマスものは、「基本、コストゼロで作る」がうちの方針なのでお許しを)

 画像を見ていただくと分かるように、このクリスマスツリーは、鉢物のゴールドクレストに少々の飾りをつけ、鉢の部分をラッピングしただけのものです。クリスマス時期に、花屋さんで同様のものを売っているのを見たことがおありかと思います。
 ぶっちゃけ、作り方は特に説明しなくても、上の画像を見れば大体分かる方が多いと思います。なので、「説明不要!」と思う方は飛ばしてください。「一人じゃ無理。教えて!」という方だけ、下の「作成手順」をご覧くださいませ。

スポンサーリンク

◇必要なものは?

 今回、作成のために使用したものを挙げてみます。

1.クレストの鉢植え
 樹高35pくらいの、テーブルサイズのゴールドクレスト。私は職権を利用し、無料でゲットしてしまったのですが、販売価格は200円でした。

 もっと大きい、もっとお値段も高いゴールドクレストを買えば、樹形がさらに三角錐に近いものになります。きれいな三角錐型のほうが、よりクリスマスツリーらしくなり、飾り物としてもきれいに見えます。
 私が使ったものは、ほんの幼木程度の木なので、株の充実度が足りません。しかし、安くて、テーブルの上にも置ける手軽な大きさという意味では、我が家にふさわしい、扱いやすい株でした。木が小さければ、資材も作業量も少なくて済みますし、置き場所にも困りません。

2.飾り物:スパンコール、ボールオーナメント、ドライ花材
 100均のダイソー製「スパンコール つながってるタイプ」を、モールの変わりに使いました。

 これは、ラッピング用品として持っていましたが、細いモールが無かったので、これで代用しました。後から考えたら、細いモールを買ってくればよかったかなと思います。

 ボールオーナメントも、数年前に100均で買ったものです。


 ドライ花材は、ルリタマアザミと、クラスペディアを使いました。
 小さいツリーなら、モールとボールオーナメントくらいのシンプルな飾りでもOKです。また、リボンだけというのもステキです。

3.セロハン少々
 無ければ、キッチンのラップかアルミホイルの2枚重ねで代用可。こんなときのために、花束をもらったときなどに、セロハンを伸ばして取っておくと良いです
4.ラッピングペーパー少々
 取っといてあるきれいな包装紙でも十分!
5.ワイヤー少々
 細くて扱いやすいもので十分。
7.鋏、ホチキス

 製作にかかる時間は、私は30分ほどでしたが(オーナメントを探している時間なども含む)、材料がそろっていれば、20分ほどでできるのではないでしょうか。実際にやることは、「ひっかける」作業がほとんどですので、さっさと終わります。

》》次ページに続きます


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.