前の記事の続きです

◇リースベースに、もみの木パーツを留め付ける

 当初の予定どおり、リースベースの上に、ぐるっともみの木を一周させることにします。

 実際の作業に入る前に、いったんベースの上にもみの木を並べて様子を見ます。

 まあまあ計算に狂いは無いですね。

 では、もみの木にワイヤーかけして留め付けていきます。
(ワイヤーのかけ方は、うさぎリースのページなどでも書いているので、そちらを参照ください)
 今回は、白木になじませるために、白いワイヤーを使いました。


 上のパーツを、ベースに留めつけたのが下の画像です。

◇パーツをあわせてみる……最終的なデザインの確認

 リースベースにもみの木を留めるところまで澄んだら、後はもう飾りつけだけです。
 手元にあるパーツをベースの乗せてみて、最終的なデザインの確認をします。

 まず、当初の予定であった、「サンキライとハンノキの実」を乗せてみます。

 私は、この組み合わせで何の問題も無いと思っていたのですが、実際にあわせてみたら、「なんか違う?」と思ってしまいました。どうも、サンキライが目立ちすぎるような気がする。

 それならいっそ、サンキライのみにしてみたらどうだろう……。

 と、思ったけど、どうもこれもおさまりが悪い。この組み合わせは、ばっちりクリスマスカラーで良いんだけど、サンキライの房の大きさが、リースベースと合っていないようです。

 ならば、この際サンキライをあきらめて、ハンノキの実だけではどう?

 う〜ん、ベースの大きさになじむのは、こっちのほうだな。でも、このままでは地味すぎる。少なくとも、もう一種類のパーツが欲しい。
 ということで、家捜しして見つけてきたのがルリタマアザミのドライフラワーでした。


 ルリタマを加えてデザインチェックします。

 あ、これでいいんじゃないかなあと思いました。
 ずいぶん色のトーンが抑え目だけど、落ち着いた大人のクリスマスってことで、いいんじゃないかと。

◇飾りパーツと、リボンを付けて完成!

 デザインが決まったので、飾りパーツの留め付けに取り掛かります。
 毎年、「ワイヤーかけできるものはワイヤーで留める」と決めて作業しているのですが、今回は、「早く使い切ってしまいたい半端なテグス」が手元にあったもので、それを消費してしまうことにしました。

 ハンノキの実にテグスを結び付けます。

 実についている茎のところに結びつけ、リースベースに楽に結び付けられる長さを確保して切ります。

 同様に、ルリタマアザミにもテグスを結びます。


 テグスでパーツをつけるのは、ワイヤーで付けるのよりもずっと簡単でした。(なるべく見えないようなところに結びつけるだけ。テグスは透明なので、あまりにもあからさまでなければ大概OK)

 そうやって、このようなリースが完成しました。

 こうなったら、リボンもオーガンジーのブルーなどという渋路線。
 落ち着き払ったクリスマスになりました。

◇リースの模様替え

 このリースは、一回模様替えをしています。

 下の画像が、「模様替え後」です。どこが違うか分かる?


 模様替えの箇所は、「ハンノキの実」です。途中から、うっすら雪化粧させました。
 ハンノキの実に雪化粧させる方法は、ハンノキの実で紹介しています。


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.