◆どこの家にもありそうな、「一番普通」な大きさの花瓶に、正月花を生けてみます

 花の経験のまったく無い素人さんが、家で正月花を生けようというときに、どういう器が選ばれるのか……と考えると、「結局、どこの家にもありそうな、ごく普通の大きさ、見た目の花瓶に生けるのではないか」と思い、この記事を準備しました。

 この記事では、すごくありきたりな花瓶に、すごくありきたりな正月花材を生けてみようと思います。
 いつものように、誰にでもできるやり方で、何も難しいことを考えずに、成り行きだけで生けてみます。成り行き任せすぎて、途中であわてて花材を増やしたりしていますが、そういうところも参考になさってください。

 普通の花瓶に、普通の花材で、普通に生けたらこんな感じになります、誰にだって、このくらいの正月花はできますよ、という主旨の記事です。
 ドシロウトの皆様に、捧げます!
(※花の経験のある方は、見る必要ありません)

スポンサーリンク

◇使用する花瓶

 今回使う花瓶は、このようなものです。

 花のうつわ館で、紹介している花瓶です。

 この花瓶は、高さ約21cm、口径約7cm。すごく「普通」な大きさで、どこの家にも、このくらいの大きさの花瓶はありそうです。
 このような、ありきたりな花瓶に、正月花を生けてみようと思います。

◇花材

 今回使った花材は、
  • 根引き松 3本と、枝先だけのきれっぱし3つ
  • 千両 1.5本
 松は、本当は3本で済ませたかったのですが、もの足りなかったので、ほかの松を生けたときに出たゴミから、小さなきれっぱしを3本持ってきて足しました。
 千両も、本当は1本で済ませたかったのですが、途中で「足りない!」と思って、急遽半分だけ足したために、「1.5本」になっています。

【1】花瓶に水を入れる

 生け始める前に、花瓶に水を入れておきましょう。

【2】根引き松を挿す

 このような根引き松が3本あるので……


まずは何も考えずに、花瓶に挿してみましたが……

いや〜長いな、切ろう、と思いました。

 何も考えずに成り行きで生けるには、枝の長さが、花瓶の高さの3倍以上になると、素人さんにはなかなか難しくなります(はっきりと、松を高く使って、あんな風に生けよう、というビジョンがあるなら良いですが)。
 しかも、この松の枝は、上のほうにグリーンの葉が集中し、下の方がスッカスカなので、このまま生け進めると、「変に頭でっかちな人」みたいになっていく恐れがあります。なので、無理せずに、はさみを入れることにしました。

 まず最初の枝は、こんな形だったので……


枝分かれの部分でカットしました。

 すると、大体半分くらいの長さになりました。

 半分の長さになったものを、花瓶に放り込みます。

 これだけだと、両脇にパカーンと開いてしまいますが、残りの2本も半分ほどの長さに切って挿すと……


とりあえず立ってくれるようになりました。
 1本、不自然に右に出ている枝がありますが、
「変だったら、切ってしまうなり何なりすればいいさ」
と軽く考え、このままにして先に進むことにします。

 参考までに、この時点の、花瓶の口元をお見せしますが……

ただ挿しただけなので、全然お役に立てないですね……。あ、こんなんで良いんだな、と思っていただければ幸いです。

【3】千両を挿す

 ↓こんな千両を1本挿しました。

 実の付いている部分が5本ある千両です。

 これを、真ん中にドスンと挿します。

(【2】で、右に一本だけ枝が出て不自然だと思っていた部分は、「1本だけだから不自然なのであって、もう1本右に出して2本にすれば、そんなに変でもないだろう」という作戦で乗り切ることにしました)

 真ん中に千両を入れると、4本の脇枝が広がって、赤い色が、なんとなく全体に散らばります。
 でも、これだけでは全体がスカスカです。特に、下の画像の赤丸の部分がスカスカしています。

 いかん、足りない!と思ったので、急遽ほかの花瓶から引っこ抜いてきた千両を足しました。(千両があったから、千両を足しましたが、なかったら別の花材を足していたと思います)

↓足した画像がこちら。

 赤い部分が3箇所増え、なんとなく全体が埋まってきました。
 でも、まだまだ下の方がスカスカして、安定感に欠けます。

【4】足りないところに松を足す

 スカスカ感を解消するべく、下の方に松を足します。


 花瓶の口元あたりに、松が増えているのが分かるでしょうか。
 かなり短い松を、5本足しています。この5本のうち、3本は、ほかの松を生けたときに切り落としたゴミを流用したものです。


 残りの2本は、花瓶に挿した根引き松の、枝分かれのところから切り出したものです。

 前からは見えにくい、後ろの方から切ってきて……


2本ゲット。


 それを口元に挿し、これにて「第一段階」のできあがりとしました。


 第一段階でもの足りないと思ったら、下の第二段階をご覧ください。

◇第二段階:豆菊を2本足しました

 なんかどうも、少しもの足りないかな〜と思ったときに、可能ならば、もう一種類花を足してみるという道もあります。

↓豆菊2本を足してみました。

 松・千両の脇役程度の花を、1〜2本足すだけでも厚みが出ます。

 以上、成り行きで生けてもまあまあこの程度は誰でもできる、という例でした。


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.