◆壷に生けるのは、ちょっと難しいけど……

 当サイトでは、ずっとずっと、「ボリュームがあって、口も広めな、いわゆる『壷型』は、素人さんには難しいので、あまりオススメしない」と言ってきました。この記事を書いている現在も、そう思っています。

 しかし、「正月花を生けられそうなきちんとした器は、うちには壷型のが一個しか無いんです」というお宅も、実際にあると思うのです。また、突然に、「会社の受付に、正月花を壷生けしろ」と言われて呆然とする、などということも、実際に起こり得ると思います。

 ドシロウトなのに、壷に生けるハメになって絶体絶命、となったときに参考にしていただこうと、一度だけ、「なるべく簡単に壷に生けてみた画像」をアップしてみようと思います。
 どう考えながら生けたのか、困ったときにどう回避したかをすべて書いていますので、お役立ていただけたら幸いです。
 例によって、プロの技術は使わず、だれにでもできる方法で生けています。

※ど素人さん向けの記事です。経験者の方は飛ばしてください!

スポンサーリンク

◇こんな壷にいけていきます

 今回、生けてみる器は、これです。

 こちらで紹介している器です。紹介記事にも書いていますが、この器は、うちのおじが何かの記念品としてもらったものらしいのです。私は、個人的には、「こういう器は、そのまま飾りにするのが一番無難」と思います。
 しかし、花を生けられる器は、家にはこのタイプの壷しかない!という方もおられるだろうと思い、今回はこの壷を活用してみることにしました。

◇使用花材

 今回使用した花材は、
  • 根引き松 3本
  • 蛇の目松 2本
  • 千両 1本

↑松の嵩は、これくらいです。

 たまたま家にあった花材で生けたら、このような内容になりました。値段的には、多分、2000円ちょいオーバーくらいかと思います(提供花材を含むので、正確な値段は分かりませんでした)。

 では、下の項より、作業した順番のままに画像を貼っていきます。

【1】壷に水を入れる

 花を生け始める前に、壷に水を入れます。


 水を入れないで生けると、松などの重い花材を生けたときに壷ごとひっくり返るかも知れませんし、生けている途中でうまくいかずに時間がかかってしまうと、花を長時間水から離してしまうことにもなります。

【2】長いほうの松を、壷に挿す

 今回、松は二種類あります。そのうちの、長いほうの松を、まずは何も考えずに壷に放り込んでみました。

↓本当に、「ただ放り込んだだけ」です。

 一箇所も鋏をいれずに、「ただ挿しただけ」です。
 今回の松は、長さに多少の長短があったので、特に切らなくてもいいかと思いました。
 しかも、一番長いところでも、器の丈の3倍くらいですので、「まあこのままでいいだろう。長すぎると思ったら、途中で切ろう」と考えて、文字通りの「放り込み」にしました。(結局、最後まで松にはさみは入れませんでした)

【3】短いほうの松も挿す

 続いて、短いほうの松も挿しました。
 これまた、「ただ挿しただけ」です。



 真のドシロウトの方は、「松を二種類」挿すことはあまり無いかと思いますが、「枝を二種類」挿すことは十分にあり得ると思います(松と蝋梅とか、松とボケとか)。そういうときの参考にしてください。

 上の画像を見ていただくと、本当に「挿しただけ」なので、ただただ松が突っ立っている状態です。
 ただし、「完全にそっぽを向いている枝」というものはありません。これは、私の場合、考えなくても手が勝手にやってくれちゃうのですが、「私の手は、そんなのやってくれない」という方は、「明らかに、よそを向いている枝」だけは、引っ張ってこっちを向かせておくと良いでしょう。

【4】千両を挿す

 【3】の段階では、松がひたすらに上に向かっていて、全体が「棒立ちになってる」感じです。この「棒立ち感」を無くすために、少し低いところに千両を入れ、横幅も少し出して、安定感を持たせたいと思います。
 つまり、下の図の赤丸のあたりに、千両を入れてみようと思います。


 というわけで、入れました。


 千両は、1本を切り分けて、5本くらいにしていますが、ただ「長い枝を切っただけ」です。
 そして、二種類の松を入れた段階で、壷の口がだいぶ埋まってきていますので、どこにどう挿しても、千両がちゃんと留まってくれます。クルクル動いちゃうとか、がくーんと下を向いちゃうということがなく、非常に楽に挿せました。
 つまり、花材の量と、壷の口の大きさの関係は重要です。壷の口が埋まるほどの量があれば、あまり苦労なく生けられますが、大きな口に少量の花を挿そうとしても、立たないわあっち向くわで、大変なことになります。

【5】微調整

 すべての花材が入りましたので、最後の微調整をします。

 千両を挿している最中に、松が動いてべろーんと広がってしまいました。

 あ〜動いちゃったな〜と思ったら……


手でちょちょっと引っ張ってなおしたらそれでok。

 真っ当ないけばなをなさる方は、主役となる大きい枝を、技術を使ってしっかり留めてから生け始めます。しかし、素人さんがそんなことを真似する必要はありません。崩れちゃっても後からなおせばいいさの精神で、気楽に挿していきましょう。

 もう一点、私が気になったのは、「松が突っ立っている様」が、口元から見えちゃっている部分です。

 青○をつけた部分を、千両で隠したほうがきれいだと思ったので、この部分も、千両を手で引っ張って隠しました。

◇出来上がり

 二点の微調整をして、出来上がりとしました。

 ほぼ成り行きで生けました。最初から、「こういう形にいけよう」とは思わずに挿したものです。

 少し上の視線から見ても、まあまあ大丈夫でしょう。

 素人いけなら、このくらい生けたら上等です。

 素人さんには、このくらいの花材の量が無いとキビシイと思います。
 参考までに、壷の高さと、花の高さの割合の目安になる画像を貼ってみます。

 器の高さは、全体の高さの、大体1/3くらいです。

 ボリューム感の割合の目安はこんな感じです。

 「壷に生ける」=「結構ガッツリ生ける」ということだ、とわかっていただけるかと思います。


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.