花のお稽古に使った後に、ドライフラワーにしたアジサイ(稽古場で切り落とされてゴミになっていたアジサイを拾ったものも含む)で作ったリースです。
 リング状の枠に、ただワイヤーでアジサイを結びつけるだけのシンプルなつくりです。
(シンプルすぎて、わざわざ紹介するまでもないくらいです)

スポンサーリンク

◇たまたま、アジサイが集まってきたので……

 たまたま、手元にアジサイドライが集まったので、リースに仕立てることにしました。


 上の画像では分かりにくいかもしれませんが、かなり大ぶりのアジサイの房で、これでも両手で抱えるくらいの量があります。
 これらは、自分で使ったお稽古の花(二回分)と、いけばな教室二箇所のゴミ箱から拾った「他人が捨てていったものだけど、十分きれいじゃんと思えるアジサイの枝」を、うちで大事に乾かしてドライ化したものです。
 つまり、リースを作るために買ってきたアジサイではありません。

 こんな風に、例によって、すべて「たまたま家にあったもの」でリースを作ってみました。

◇使用したもの

  • ドライアジサイ……上の項に書いたように、寄せ集めのアジサイです。そのおかげで、色も形も大きさも、微妙に違うアジサイが入り混じることになってます
  • ドライアカツル……お稽古に使った赤蔓を、いつかリースにでもしようと思って取ってありました
  • ワイヤー……20番〜24番くらい

◇手順1……アカツルを輪にして、リースの芯を作る

 今回使ったアカツルは、こんな形に保管していまして……

これを、ざっと輪にしてリースの芯にします。

 飛び出していた蔓を丸めて、5箇所をワイヤーで縛りました。

 きれいな円形ではありませんが、乾いて固まっている蔓なので、ここまで丸めるのが限度でした。

 ワイヤーの留め方は、ただぎゅっと縛るだけです。

 蔓もワイヤーも、すべてあじさいで隠れる予定なので、ぐっちゃぐちゃな縛り方でも全然OKです。

》》この続きは次ページで!


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.