◆オアシスを買うときに迷ったら……

 フラワーアレンジメントに欠かせないオアシスを買うときのヒントをご案内します。
(そもそもオアシスとはなんぞや、という方は、こちらの記事をご覧ください→オアシスを使う
オアシスを使うには、初めてオアシスを買う人へのアドバイスもあります)

【目次】

スポンサーリンク

素人だけど、ほんの出来心で、「フラワーアレンジ作ってみちゃおう」と思った人のオアシスの買い方

 まったくの素人さんが、「本とかネットの情報だけでフラワーアレンジにチャレンジしてみたい。多分、一回作ったら気が済む」という場合は、オアシスは1個だけ買えばいいです。2つ、3つと持っていても、余程やる気のある人でないと、使い切らないと思います。
 ど素人さんの出来心で、巨大アレンジに着手することもないでしょうから、おそらく、1個買っても半分くらい余るようなことになるでしょう。
 そういうときの買い方は……

  1. 近所で、オアシスの1個売りしているところがあれば、そこで買う
  2. 近所で買えなければ、ネットで1個買いする(楽天市場 オアシス 1個
  3. 安物でもイイです、と思えるなら、近所の100均を探してみる

 以上の3つの中で、なんとかするのが早道です。
 「近所で一個売りしているところ」というのは、

  1. 花屋に聞いてみたら、1個売りしてくれるかもしれない(しない店もあります)
  2. ハンドクラフト店(東急ハンズ、ユザワヤなど。町の小さな手芸材料店でも、扱っているかもしれない)
  3. 花の資材屋(たまたま近所にあれば、だけど)

 上記のようなところです。歩き回って探すのがめんどうなら、ネット買いがいいでしょう。個人的には、1個ばかしネットで買うのはかえって面倒のような気がするのですが、最近の方は、あまり抵抗が無いようですので。

○オアシスデラックス [フラワーアレンジメント/資材]
フローラル フォーム(吸水フォーム、スポンジ、オアシス、ブリック)【花材】【資材】

 初めて買う方は、切るときや、詰めるとき、挿し方で失敗したときのために、多めに買っておこう、と思われるかもしれませんが、オアシスセットで、全部取り出して新しいものを詰めなおすほどの失敗はまずありません。小型のアレンジ1個くらいを作ろうとしているなら、オアシス1個で十分でしょう。

 参考までに書きますと、花屋で、3000円クラスのアレンジメントは、オアシスを1個丸ごとは使っていません。「オアシス1個」は、素人さんには多すぎるくらいの量だと思っていいです。
 2個、3個と買ってもいいですが、余ったらもったいないですよ。次にオアシスを使う機会は、いつ巡ってくるのでしょうか?

フラワーアレンジ経験者。オアシスを1個だけ買いたい

 フラワー教室でアレンジを作るのは好きだけど、自宅で自発的にオアシスセットしてまでは作らない方、または、過去にフラワーのレッスンを受けていたけど、しばらく遠ざかっている方……そういう方が、人に頼まれるなどして、自分で資材をそろえてアレンジを作ることになる、というような状況になったとき、たった1個だけオアシスが必要になることもあるかと思います。

 そんなときの入手方法は、上の項と同じで良いと思います。現役でフラワー教室に通っている方は、上の項の方法に加えて、「教室で1個買いさせてもらう」という選択肢が加わります。

オアシスを、2〜9個くらい欲しい

 要するに、10個未満の数が欲しい、という場合の買い方です。
 オアシスのストックを、常に持っていていい人なら、「10個未満」などという数で買ったりはしません。まとまった数を買って、残りは次回に使えばいいのですから。
 でも、とりあえず「次回」のあては無く、今使いきれるだけの「10個未満のオアシス」が欲しい!という場合の買い方は、下記のようになります。

  1. 近所で、オアシスのバラ売りしているところがあれば、そこで買う
  2. 近所で買えなければ、ネット買いする
  3. 安物でもイイです、と思えるなら、近所の100均を探してみる

 1の、 「近所でバラ売りしているところ」というのは、

  1. 花屋に聞いてみたら、バラ売りしてくれるかもしれない(しない店もあります)
  2. ハンドクラフト店(東急ハンズ、ユザワヤなど。町の小さな手芸材料店でも、扱っているかもしれない)
  3. 花の資材屋(たまたま近所にあれば、だけど)

 などのお店です。
 この情報は実を言えば、上のニ項と同じなのですが、これは、私が「10個以内なら、実店舗買いを推奨」していることの表れなのです。

 10個未満のオアシスなど、軽いものです。このくらいの数までなら、できるだけ身近のリアル店舗で買い、身近に無いか、探し歩くのが嫌な方は、ネットで手軽に買いましょう。10個以上の数になったら、「配送」を考えて良いと思うのですが、10に満たないうちは、送料をかけることを考えるともったいないです。
 しかし、軽いながら、かさばるので、3個だろうが、5個だろうが通販で!と思う方もおられると思います。

フローラルフォーム『オアシス・2個セット』
オアシス(デラックス)1個(バラ売り)

オアシスを10個買いたい

 オアシスを10個も買おうという人は、ほとんどが、フラワーアレンジメント作成の経験・スキルがある程度以上にある方かと思います。経験豊富な方は、私がわざわざ言わなくても、ご自分にふさわしい買い方が分かると思います。
 なので、ここでは、「そんなに経験者じゃないけど、10個も買う必要に迫られている」方に向けて、記事を書きたいと思います。

 経験の少ない方が、10個ものオアシスを買おうとするのは、それを、何らかの仕事(花屋以外の仕事)で使うか、イベントで使うかの、どちらかではないでしょうか?
 どちらで使うにせよ、まず、「本当に10個で妥当なのか」を、もう一度確認なさることをオススメします。大量に余ってしまった場合、オアシスは、なかなかの「困った物体」になります。

 確認しなおしても、やはり10個必要だということでしたら、ネット買いをなさると一番手軽です。

アクアフォーム スタンダード 10ブリック
アクアフォーム ハード 10個入り

オアシスを20個買いたい

 上の、「10個買いたい」の項と、同じことをお気をつけください。
 20個となると、かなりの大量ですよ。オアシスは、基本的な大きさが、約 W23×D11×H8cm です。それを、5個の山×4列にしてみると、23×44×40 cm です。(ちなみに私は、個人で受けた仕事で、一度にオアシス20個も使ったことは無いのではないかと思います)

アクアフォーム スタンダート 20ブリック
スタンダード20個入り

オアシスを1箱(通常48個入り)単位で買いたい

 もっとも一般的なオアシスの業務用購入は、この買い方です。つまり、普通の花屋が仕入れているのは、大箱に48個のオアシスが入っているものなのです。
 花屋でも、フラワースクールでもなく、この数を仕入れたい方は、花製作のプロか、セミプロ級の方かと思います。

 私自身も、48個入りは、自分では買ったことがありません。私は、48個をそこそこ消費できないものでもないですが、こんな大きな荷物をうちに置いておくのがイヤなので、買う気になりません。
 私が、この個数を買うとすれば、何か、イベントの大作などで、大量のオアシスが必要になるときくらいしか思いつきません。もしも、そんな機会がやってきて、購入するのなら、会員登録している東京堂で、卸値段で買うか、そのときに楽天市場のポイントがかなりたまっていたら楽天市場にするか、どちらかになると思います。
 一箱買いを、継続的にする方は、東京堂に限らず、プロ仕入れのできる場所で買ったほうが良いです。ご自身が、一番安く買える場所で買うのがよろしいのではないでしょうか。

アクアフォーム スタンダード 48ブリック
マルチフローラルフォーム48コ <フラワーアレンジメント・オアシス・フローラルフォーム・ベース・花資材>

オアシスの種類が分からない、どれを買えばいい?

 オアシスは、意外に種類がいろいろあって、詳しくない人が買おうとすると、迷って決められないものらしいです。
 そのような、迷っている方にオススメしたいと思いますが、まず、形に迷っているなら、「普通のやつ」を買いましょう。オアシスは形が多様で、大きさも多様なのですが、「迷っている」ということは、「これしかない」という形は特に無いわけですよね? そして、普通の四角いオアシスから切り出せない形でも無いですよね?

 だったら、これです!
オアシス(デラックス)1個(バラ売り)
 大きさは、約 W23×D11×H8cm です。

 次に迷うのは、特徴を現しているらしい「レギュラー」「ハード」「スタンダード」「プレミアム」などの、商品名についているワードでしょうか。これらのワードで迷っている方は、ぶっちゃけ、どれでも大丈夫です。でも、「一番普通なのがいい」と思っているなら、「レギュラー」「スタンダード」などと書いてあるものを選んでおきましょう。
 迷っているということは、こまかく使い分ける知識は今のところ無いということですよね? ならば、まだこだわりを持つことはありません。
 もちろん、同じメーカーの商品で「ハード」と「レギュラー」があったとしたら、ハードの方が固いはずです。しかし、「刺さらないほど固い」ものはなく、枝ものでもがっちりホールドします、というくらいの意味なのです。固いのであまり刺さりません、では、吸水スポンジとしては失格です。
 まずは、手近なものを買い(手近に複数あれば、何でもいい)、使っていくうちに、自分の手が欲するものを選んでいけばよいと思います。

 銘柄が多すぎて迷っている方にも、「とりあえず、どれでも大丈夫」と申し上げたいです。
 こちらの記事にも書いているのですが、私は、吸水フォームは、各社でそんなに変わらないと思っています。個人的には、長年使い慣れたオアシス社のものが好きですが、無ければ別銘柄でも全然OKです。
 自分の手が、「この銘柄がいい」と言ってくるようになってから、こだわればいいことかと思います。

特殊な形のオアシスが欲しい

 オアシスには、基本的な角柱状のもののほかに、球形とか、十字架型とか、リング型とか、ブーケホルダー型とか、色々な形があります。これは、フラワー製作好きな人にとっては、見ているだけでも結構楽しいものです。

 この手のオアシスは、たまに便利な新商品が出て、花飾りの可能性を広げてくれるものですので、好きな人はチェックしておくといいです。当サイトでは、こちらの記事に、例を少々挙げています→フラワーアレンジメント用語辞典:オアシス
 私は、自分でリサーチするときは、東京堂のカタログとwebと、花材通販はなどんやアソシエフラワーライフ サンエイクラフトくらいの店を見ておきます。


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.