◆七夕の笹を飾るときの注意事項など

 前の記事では、七夕の笹の入手方法について書きました。
 では、見事入手に成功したら、どうやって設置するのか? うちにある鋏で切れる? そもそも、笹って水につけるんだっけ?というようなことに迷っておられる方は、この記事をご覧ください。

スポンサーリンク

◆管理人宅の、屋内に飾った例です

 まずは、管理人宅で飾った七夕飾りの画像をご覧ください。(※夜間に撮った画像なので、キレイじゃないです。ごめんなさい)

 短冊だけの、シンプルな笹飾りにしました。

 この笹飾りに使った笹は、いけばな花材として入荷したものでして、すでにブログにアップしています→自分が使った花材事典:笹
 丈が150cmくらいの笹を使いました。このくらいの長さがあると、「ちゃんとした七夕飾り」の体裁になります。(もっと短い笹で、手軽に楽しんでもいいのですが、「正式感」が薄れ、「簡易版」という風情になります)

 では、下の項から、実際に飾る方法を紹介していきます。

◆一般家庭で飾るときに、笹はどうやって立てる?

 七夕の笹は、寝かせておくわけにはいきませんので、何らかの方法で直立させねばなりません。

 屋外に、たとえば庭とか、玄関先に立てるなら、紐などでくくりつけられる場所を探して、結んでしまうのがいいです。
 屋内に立てるなら、上の項の画像のように、大き目の花瓶に挿すのが一番手軽です。花瓶じゃなくても、傘たてみたいなものでもいいです。要するに、笹を放り込めば必ず直立するようなものを見つけて挿しましょう(長い笹を使う場合、ペットボトルでは軽いので倒れてしまいます)。花瓶が無いなら、屋外の場合と同様に、笹を結んで立たせられる場所を見つけてください。

◆笹は、鋏で簡単に切れます

 入手した笹が、長すぎた場合、設置場所の関係などで、少し切り詰めたいと思うこともあるかと思います。

 笹は、大柄なものを買っても、家庭内にある鋏で簡単に切れます。
 笹の茎の太さなど、大体こんなものです。

 花鋏やガーデニング用鋏が一番切りやすいですが、なければクラフト鋏でも切れます。とにかく、家にある鋏の中で、一番大きいものを出せば切れる、と考えて大丈夫です。

◆笹は、水につけなくていい

 笹も植物ですから、水につけたほうがいいんじゃないか?と思う方の方が多いと思います。しかし、七夕の笹飾りにするなら、水は特に必要ありません。

 商店街などで、屋外に設置している七夕飾りを見る機会があったら、根元のところをご覧ください。ほとんど、水をやらずに乾いたところに立てています。たまに、水を入れたところに立てているのも見るのですが、どっちかと言うと「水の重量を重しにしている」ような使い方をしています。
 つまり、元々七夕の笹を飾るときに、水は要らないのです。水をやらないと枯れちゃう!と心配することはありません。だって、笹はしおれたりしないのですから。

 笹も竹もそうなのですが、いや、笹・竹を含む、イネ科の植物は大概そうなのですが、これらは元来水あげが悪く、切ってしまうと水につけてもなかなか吸い上げてくれません。なので、水につけたところで、生き生きとした姿は保てないのです。だったら、いっそのこと水なんかなくていい、ということになります。

 もちろん、切った笹をその辺に立てておけば、根から水を吸い上げられずに「ご臨終」になります。でも、幸か不幸か、笹はしっかりとした茎に支えられて、ぐたっと下を向いたりしません。つまり、「立ち往生」してくれるのです。
 笹の葉っぱも、切ってしまうと速やかに「ご臨終」にはなります。しかし、笹の葉は「しおれる」のではなく、「乾く」ので、緑色のまま乾燥するだけです。薔薇や、菊の葉っぱがだめになるときみたいに、「ぐた〜〜」とか、「でれ〜〜ん」にはなりません。

 下の画像は、「立ち往生」した笹ですが、七夕飾りとしては、これは全く普通の姿です。

 葉っぱが、しおれずに「丸まってる」のが分かるでしょうか。

 一つ一つの葉っぱに注目すると、こうなっています。

 紙を丸めて筒にするような感じで、葉っぱが丸まっているんですね。

 それでも、「うちでは花瓶に挿すことにしたから、せっかくなので水を入れてあげよう」という優しい方もいるでしょう。でも、まあいらないんじゃないかなあ、入れないほうがむしろ良いかなあ、というのが私の見解です。ヘタに水を吸わせると、葉っぱが乾いて丸まらずに(少しは吸い上げて、水分が供給されるんでしょう)、開いた葉のまま黄色くなっていくことがあるからです。

 管理人宅で実験した、「水につけた笹」(左側)と、「水につけなかった笹」(右側)の画像です。

 左右の笹を比べると、左の水についたほうは、生きた緑の色が残っているけど、それが黄色く変わっていきかけています。一方右側は、乾いた色ながら、全体に緑を保っています。左右のうち、一見して「枯れている」と感じるのは、むしろ左側のほうではないでしょうか。
 しかも、左の黄色くなってきた葉の方は、葉っぱがパラパラ散るんです。乾いてしまった右の笹よりも、「自然な枯れ方」なので、枯れたら、普通に散るのです。
 右の笹は、水を絶たれて乾いているがために、かえって「散る」ということがありません。

 つまり、水につけると、黄色くなるし、散るので掃除が大変、ということです。

◆処分は簡単

 七夕笹の処分は簡単です。
 上にも項を立てたように、「鋏で簡単に切れる」ので、鋏でチョキチョキ切ってゴミ袋に入れ、燃えるゴミの日に出しましょう。

 イベントなどで、大量の笹飾りを作った場合には、あるいは業者の手が必要かもしれませんが、家庭で、1本笹を立てたくらいなら、処分に困ることにはなりません。


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.