◆大王松はカッコイイけど、広がりすぎるし立たないし……

生け花 正月用のはなかざり

※普段は花バサミを持つことも無いような、まったくの素人さん向けの記事です。そこそこ自力で生けられる方はご遠慮ください
※正月花を生けようと思っても、何から手を付けていいか分からない方は、どうぞご参考に

 当サイトでは、正月花の松について、「ど素人を自覚している人は、とりあえず松は立てておけ!」という作戦を推奨しています(簡単に正式っぽく見えるからです)。
 しかし、真の素人さんからすると、「松を立てる」こと自体が難しいことが多いですよね。そして、松の中でも特に立てにくいのが、大きく松葉が広がり、頭でっかちな大王松です。
 ずぶの素人だというのに、うっかり大王松を入手してしまい、
「これで生けるしかないのか。困った!」
とお思いの方は、下記の記事を参考にしてみてください。

◇大王松とは

 大王松とは、当サイトでも何度か紹介していますが、正月花や、いけばな作品などによく使われる松の一種です。(参考:自分が使った花材事典 大王松

 大王松は、いけばなを少し勉強した人には、とても人気のある松です。管理人自身も、大好きな枝ものです(何度か花展で使っています)。
↓こんな風に、大きく広がる松なので……

生け花 正月用のはなかざり

 なんかトクベツ感があるし、派手にもできます。しかし、その「トクベツ」な部分が、ど素人さんには扱いにくさの元になります。広がりすぎて収拾がつかず、しかも、剣山に立てても立てても倒れる……ということになったりします。

 そんな大王松を、素人さんが偶然手に取ることはあまりないかもしれません。暮れに花屋で売られる「お正月束」の、一番安いやつを買っている分には、大王松とは出会えません。大王松は、若松などと比べると、少し上のお値段なので、あんまし安い束には入りません。

 でも、手にとる機会がもしもあったらどうするのか!?、というお話です。

◇大王松がひっくり返って困るときは……

 上にも書きましたように、大王松は、素人の手では、なかなか立てるのが難しいです。

 誰にでも立てやすくするためには、「すごーーく短く切っちゃう」という手もあるのですが、この記事ではその手は使わないことにします。個人的には、「切っちゃう」のは全然悪い方法ではないと思いますが、素人さんは、
「もったいなくて切れない」
「切る適正な位置が分からない」
などの理由で、あまり切りたがらない方が多いので、この記事では、なるべく切らない方向で話を進めたいと思います。

 でもね、長いままでただ剣山に刺すと、こんな風にひっくり返ってしまうものです。
生け花 正月用のはなかざり

 管理人、40年近くいけばなをやってます。40年の経験がある人でも、何の工夫もなく、長い大王松をただ剣山に刺したらこうなります。これ、当然の結果です。
 こうならないために、いけばな家は色々プロ的な手を使うのですが、そんな知識も経験もないど素人さんは、単純で簡単な方法で、「ひっくり返らせない」状況を作りましょう。
 嫌でもひっくり返れない、立つしか道はない、という状況を作れば、大王松だろうが、ほかのどんな松だろうが立ってくれます。難しい技法は使わずに、その状況を作るには、下のような方法があります。

◇ひっくり返る余地を作らない……口が小い器を使う!

 一番簡単な方法はこれだと思います。
 松の枝がちょうどはまるくらいの大きさの口だったら、ひっくり返りようが無いです。

 たとえば、こんな口の花器なら、子供が挿したって枝が立ちます。
生け花 正月用のはなかざり

 はい、立ちました。
生け花 正月用のはなかざり

 こんな特殊な格好の花器なんかうちには無い……と思うかもしれません。2つ口で、V字型みたいな花器を例にしたのはよくなかったかもしれません。
 しかし、ここで問題にしているのは、「花器の形」ではなく「口の大きさ」です。「松と、数本の花が入る程度」の大きさの口の花器が、押入れの中にでも眠っていませんか? もしもあるなら、それを使うのが松を立てる早道です。

◇大王松のポジションはどこがいい?

 上の項では、大王松を、高い位置でパッと開くように挿しました。この位置、まあ順当だと思います。てゆーか、なるべく鋏を入れずにただ挿すだけで乗り切ろうとするなら、ほぼこの位置しか無いでしょう。(いけばな家の手にかかれば、もっともっと多様な大王松の生け方があります。しかし、ここは困っているど素人の方のための記事なので!)

 では、例として、上の項で松だけ挿した花器に、花と葉っぱも入れて完成させてみますね。花の挿し方も、誰にでもできるようなものにしてみました。
 松が派手に開いているので、花と葉っぱは根元のところを引き締めるように小さめに入れるだけにしました。
生け花 正月用のはなかざり
 使った花材は、黄色い菊(ホマロ)と、赤い実のついた万両です。松葉の広がりを邪魔しない長さに切って挿しただけです。
 素人手でこのくらい生けたら、文句を言う家族はいないと思います。

◇もう少し口の大きい花器ならどうする?

 上の画像の白い花器は、あまりにも都合の良い口の大きさでしたので、「もっと口が大きいのしか無い!」という声もあるかと思います。
 なので、もう少し大きい口の花器の例も出してみましょう。

 この器を使います。
生け花
 この器は、上に例に出した白い器よりも口が大きいので、ただ挿しただけだと松が直立しません。

↓こうなります。
生け花 正月用のはなかざり
 少し、横に倒れることになります。
 私だったら、この「横に流れる形」を利用して生け進めるような気がしますが、真のど素人の方だと、動きのある形を生かそうとしても、どう生かしたらいいのか分からないと思います。(真のど素人であっても、「傾いたこの形で私は生けたい」と思ったら、どんどんやっちゃってください! それをやめろと言うのが記事の目的ではありません)
 で、ヘタに傾いててもワタシ困ります、という場合は、当サイトの別記事でも推奨しているように、「とりあえず立てて格好をつけよう作戦」で行きましょう。

 いけばな家的には、器の中に細工して、枝を立たせる方法がいくつかあります。しかし、そんな熟練の職人みたいなことは、ど素人さんはやらなくて結構! すごく単純な方法で回避しましょう。
 倒れてくるのを邪魔するものがあれば、枝は倒れません。つまり、上の画像のように右方向に倒れてしまうなら、枝の右側に、「倒れ防止用の花とか葉っぱ」を入れて邪魔します。

生け花 正月用のはなかざり

↓つまり、こうすればOK。
生け花 正月用のはなかざり
 たった一本の万両を入れただけで、松が直立しました。これ、本当にプロの技は使っていません。だれにでもできます。
 その代わり、「いかにも万両でつっかえ棒にしてるな」というのが見え見えなので、その部分が見えないように、菊で隠してしまいましょう。

↓こんな感じでどうでしょう。
生け花 正月用のはなかざり
 家の玄関に飾っても、普通に見られる程度にはなっていると思います。

◇もっと大きな器も、同じ作戦で結構乗り切れる

 この記事では、口の小さめの器で、松を含めて5〜6本くらいの本数で、手軽に生ける例ばかり出しました。実際問題として、真の素人さんが余裕を持って生けられる正月花は、このくらいの規模の花ではないでしょうか。

 しかし、この記事で紹介した二つの作戦、すなわち、
  • 口が小さい花器で枝を立たせよう
  • 倒れてしまう枝を、倒れないように邪魔して立たせよう
は、かなり使える作戦でして、もっと大きい器で、たくさんの花材を入れる場合でも有効です。

 実際に、下の画像の花は、上記の二つの方法だけで松を立たせています。
生け花 正月用のはなかざり
 これは、かなり大型の花で、これをど素人さんにも簡単にできるとは言いませんが、基本、やっていることは同じです。

 松がひっくり返ってひっくり返ってもういや〜〜〜ってなったら、この記事の方法を試してみてください。

【参考】大王松をいけて、手に松脂が付いたらこちらを参照ください→松やに落とし松やに対策


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.